CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
ロマン・ド・ラ・ローズ # 003.



   「一八九八年九月十日」

黒い喪服を着て、黒い
パラソルを差し、黒い扇をもった女

手の中

焼けつくような命。
けど「ありゃ幽霊だね」と、
人は嘲笑するけれども、
絶対的
オーストリア=ハンガリー帝国の皇女にして、「わたしは
彷徨うカモメの狂女!
双頭の鷲のエンブレムなんて知るものか」
虚無の白旗を愛艇のマストへ掲げて、
トワイライト・タイムまでは
ぬばたまの黒い
手袋を嵌めたままでいる・・・ 愚行
夜はファワグラを啄むから。 

(この王朝は、滅びるな)

幾何学的な紋様の凶器にて
ある晴れた朝突然に! 薔薇色の湖

桟橋

途中で
接吻(くちづけ)を交わす、美しい水鳥と園丁の二人組。
或は・・・ 
黄昏少女とダダイストまがいの不良少年
トリュフとファワグラのような一対の、
ディレッタントな恋びと同志。
女のほうは
血まみれでした。
なぜって?
昼と夜とがまじりあう
これは妙にパーフェクトな恋愛代名詞、
歴史上のミステリーだから。
          〈 C o r a z ó n 〉より






| C o r a z ó n | 10:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ロマン・ド・ラ・ローズ # 002. 


はや立秋ですが夏はまだこれからが本番です。みなさん、どうぞお身体ご慈愛下さい。



  「ドン・マクシミリアーノ帝滅紫種子学」

乗ってきた船と同じ
軍艦「ノヴァラ」号に乗って、その男は
帰っていったなぁ。

白い陶器のように冷たくなった欠片へ
カーニバルの仮面を「ひょい」と被って、男は
ひどく無口であったなぁ。

ヴェラ・クルスの波止場のモノカゲ!
コンセプティオン・サダ子はその男の種子、赤ん坊を
抱いていたなぁ。

            〈 C o r a z ó n 〉より 





| C o r a z ó n | 11:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ロマン・ド・ラ・ローズ #001.


暑中お見舞い申し上げます。


  「薔薇の盗賊」

動物であれば鼻のようなもの、
どす黒い煙突へ『雙頭ノ鷲』の紋章をいただいた
「カイゼリン・エリザベト」と読まれる軍艦の甲板にて、
男は深紅に彩られた一冊の本をひろう。

城のような 
宮殿のような
閉ざされた軍艦

甲板を、
カタツムリのような足取りを残して
ひとり消えてゆく
婦人。

本の持主こそ、かの婦人にして、
オーストリア=ハンガリー二重帝国の麗しき皇女。
エリザベト・フォン・ヴィッテルスバッハ
黒衣の人であった。

(黄昏に咲くバイエルンの薔薇一輪)  

節くれだった指にて磨する
馥郁たる薔薇のごとき
一輪一冊の本に触れた男、
「LE MONDE ANCIEN」とは無学にて、
ちぐはぐに身悶え、唯、うち震るる。

噫…… こんなにも疲れきった、
青い作業服を着て生きる男は水夫にしてかの人のシモベ
「カイゼリン・エリザベト」号のボイラーマンです。
されど、薔薇の盗賊にして
シュルレアリストなり。
              〈 C o r a z ó n 〉より





| C o r a z ó n | 16:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/2PAGES |