CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
タンゴ・エジプシャン Vol ; 005




世界の静かな中心であれ・・・ TANGO EGYPTIAN


 青ナイル 白ナイル

星に覆われた空の下で 揺れている
破片だらけになった ぼくのガラクタ
汚れた顔の 汚れた切り傷
もうふさがることはない 水の裂け目で 
やぶれた翼が 泣いている

泥の揺籠 ゴンドラ揺らして
だれかの歌が 亜麻服のぼくを呼んでいる
ああぁ ああぁ らりるれ ららら
ぎこちなく その歌声と溶けあうガラクタ
治らない切り傷が 泣いている

ああぁ ああぁ らりるれ ららら

太陽のような夢 泡立ちて
ふさがってゆく 青い白い水の裂け目
ぼくはまた 生き返れるだろうか 
薔薇色の砂 灼熱の肌をまさぐりつつ
イシス きみが熱い抱擁の中にて






| 花鳥風月虹の詩歌 | 14:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
タンゴ・エジプシャン Vol ; 004




世界の静かな中心であれ・・・TANGO EGYPTIAN
   ムーン・ダンス

ものやお金があまりない時代にぼくは生まれましたが、それでもいろんな遊びをしながらたくさんのことを学んできました。だから電車に飛び乗ったとたんPCゲームに没頭する人々をみていると、なんだか不思議でなりません。通いなれた路線であっても光や影の調子は違いますし、お天気や季節ごとに変化してゆく人々の装いや表情、しぐさにも違いがあって実におもしろいものがあります。ですからぼんやりしながら、いまでもよくひとり遊びをします。自分の影を自分で踏んで、画家キリコが描く「通りの神秘と憂愁」に登場する少女のように、影踏み鬼ごっこをしながら無い知恵の輪をくるくる回して遊んでいます。しかしそのような遊びには軽い滑稽さをともないますが、それを自己嫌悪だとは思わずに、自身の裏側に潜んでいるもうひとつのいきもの“ファンタスティック・アニマル”との出会いだと思って楽しんでいます。

ボクサーが仮想の敵を想定しながら練習するのをシャドーボクシングといいますが、タンゴ・レッスンでもこのシャドーはとても大切なので気分転換にはもってこいです。直線と曲線の中にあって、女性の歩数や軸足を想定しながら身をかわし、よじり、接触しながら、女性を解放すべき出口へと導きながらオープン・ザ・ドアのごとく何枚もの透明なドアを開いていきます。それはまるで闘牛士のパセのように無駄のないきわどさでもって、たとえ仮想であってもアストル・ピアソラの「オブリヴィオン(忘却)」やゴタン・プロジェクトのアルバム「ルナティコ(狂気)」のリズムに合わせて兎のダンスを踊ります。

TANGO EL SIGNO! 今夜も月下の微候の中で「タラッタ、ラッタ、ラッタ、兎のダンス・・・」を能楽や茶道、剣道のようなスリ足でムーン・ダンスしています。 





| 花鳥風月虹の詩歌 | 13:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
タンゴ・エジプシャン Vol ; 003




世界の静かな中心であれ・・・TANGO EGYPTIAN
   タンゴ・メタ・フィジカ


子どものころにくらべると歳月の経つのがなんて早いのだろうか。そう思いながら古いカレンダーをめくってしまえば今日から七月、一年の半分が過ぎて しまいました。ぞっとしているのはぼくだけでないと知りつつも、歳を重ねすぎた自分自身の問題か、やることなすことすべてがのろくなったし部屋も油断して いるとすぐに散らかってしまう。生きていること事態がどうにもこうにも面倒なのです。

そんなうつろな時間(意識)が流れていくなかで、たまにポンポンと花火のような破裂音が聞こえることがあります。外部からではなく、それが内部からやって くる不規則な心臓音だと知ったとき、不可分な過去と未来をのべつ分けへだてている“いま”という虚無点の連続性や、いのちの尊さを激しく意識するようにな りました。瞬視としての虚無点は稲垣足穂がいうところのアウゲンブリックですが、最近、タルホ翁の「黄漠奇聞」をまた読んでみました。

「栄華をきわめたバブルクンドの王は自身の紋章である新月の青い吹き流しが本物の三日月に劣っていることを知って、夜空に輝いている月を一晩のうちに追いつめて槍で落とすも、新月のない星空の下を幾年月もかかって都へ帰ったときに見たものは、廃墟となった自身の都であり、閉じこめておいた三日月の箱を開いた途端に辺り一面がもとの砂漠になってしまった」

いま思うに“バブル君土”という地名は偶然にしては愉快ですが、この物語は権力やマジョリティな意見、時がもっている素顔の危うさをぼくに教えてくれま す。と同時に、人間界の時空を遥かに超えてしまったかのような四次元力をもつ砂の王国エジプトの姿が、いまおもしろくてなりません。






| 花鳥風月虹の詩歌 | 18:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
タンゴ・エジプシャン Vol ; 002




世界の静かな中心であれ・・・TANGO EGYPTIAN
   ミイラにダンスを踊らせた「ウジャトの眼タンゴ楽団」一座


エジプト神話のイシス女神を座長とした旅の楽団が、月夜の砂漠で一服しながらとぐろを巻いています。楽団は画家キリコが描いた貨車の上でルナティックなエレジーを奏でていますが、ジプシー・ワゴンのような貨車にはファラオの石棺が納められていて、貨車は厨子そのものなのです。ところが、夜空の青い包容が切なすぎたせいでしょうか、待ってましたとばかりファラオの王棺が開いてしまいました。

死者を蘇らせることはタブーで忌み嫌われますが、復活とは万物の天地根源に因果ありの相によって支配されるものであって、出るときには出るといったふうのものであり、たとえば、わが国では死者との対話を美しい芸能にまで高めた能というものがあります。

そんな能舞台をコバルト色の砂漠へ見立て、地謡は蛇腹の手風琴(バンドネオン)を筆頭としたウジャトの眼タンゴ楽団がビートのきいたビプラートで熱風のようなイキを吹きかけています。これが楽団の本心で、ファラオのミイラを青きセラピーの力で蘇らせようという算段です。はたして、少年王ファラオは復活のタンゴを踊るだろうか・・・




http://www.the-noh.com/jp/people/essay/002michihico.html






| 花鳥風月虹の詩歌 | 20:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
タンゴ・エジプシャン Vol ; 001


世界の静かな中心であれ・・・TANGO EGYPTIAN
   花と水のセラピー


つい先日までぴょんぴょんと跳ね回っていた子犬があっという間にぼく自身の年齢を超えてしまい、よたよた歩いている姿を毎朝じっと眺めながら散歩していると、自然、いろんなことが見えてきます。それが花であれば一瞬にして、ものの“いのち”の有様がそこにちゃんと整理整頓されて
いるようでなりません。

そんなことを考えているうち、エジプトの死生観や、標本箱にならんだような格好をしたヒエログリフが気になってしまいました。

天の女神のお腹から産まれた太陽神ラーは西の方にある口へむかって移動しながらその口へ入り、やがて体内をぬけて東の下腹部へと至り、朝、そのお腹からまた産みだされます。このくりかえしは「死者の書」のなかの死と再生の復活劇に適合していますが、バラバラにされたオシリスの身体をイシスがナイル川から一つづつ拾っては再生していったという神話とも重なりあって、エジプトの死生観をよく表していると思います。

昼の聖船や夜の聖船、空気(風)と水のはなしも好きですが、セラピストとしてのイシスの魔力だけはいつか金屏風の破れ穴からでもそっと覗いて見たいものです。この絵は、そんな花と水のものがたりです。







| 花鳥風月虹の詩歌 | 17:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
世界の静かな中心であれ Vol;011


世界の静かな中心であれ
    「夜と息(ポレン)」2017



アウシュビッツから生還した心理学者の手記「夜と霧」は背筋が冷たくなるようなホロコーストの記録ですが、ぼくの「夜と息(ポレン)」はのんきな絵です。

板橋区にある都立赤塚公園の周辺には武蔵野崖線がまだ多少残っていて、そこに咲いている野草をながめているうち、植物の手入れなどをしている環境ボランティア「みどりの手」の手伝いをするようになりました。春の妖精ニリンソウも終わって、これからの季節はヤマユリが咲きます。しかし、美しさのあまりに根こそぎ盗まれることもあり、今年は二、三本を確認する程度です。

そんなヤマユリの花心に鼻面を近づけたりしながらクンクンやっていると、遠い夏の日のことを思い出します。一の谷、二の谷、三の谷を超えたところに沢があって、その先に洞窟があり、ぼくたちはそれをマンボウと呼んでいましたが、そのマンボウを素足でじゃぶじゃぶ歩いていると、水の匂いとまざりあっていい匂いがしました。強い香りを放つ花がきっとどこかで咲いていたのでしょう。

甘くなまめかしいヤマユリは、この夏、だれからも穢されずにぼくを待っていてくれるだろうか。






| 花鳥風月虹の詩歌 | 22:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
世界の静かな中心であれ Vol;010


いやはての
少年るろう王「白あざみ、断章」Vol;010



たんぽぽの
たねさんが
かぜにふかれて
とんでゆく
ぼくもあんなにとべたなら
じゆうにおそらがとべたなら
このたたかいのきおくから
わすれたうたをおもいだす
うつろなるやまやまの
みずきよきふるさとよ
こぼれゆけ
こぼれゆけ
ひかりのなかで





| 花鳥風月虹の詩歌 | 12:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
世界の静かな中心であれ Vol;009


輪 華
少年るろう王「白あざみ、断章」Vol;009



ある朝、タケルはおかあさんの鏡台にむかって座っていました。おかあさんは、「鏡はじぶんの姿を教えてくれる大切なものですから、いつも磨いてカバーをかけておくものですよ。」と、よくいっていました。ですから、赤い花柄の布を開くときはどきどきしましたが、いまはへいちゃらです。あちこちの引き出しを開けたり、じぶんの顔を映したりしていましたが、とうとう眉墨をみつけだし、いたずらをしはじめました。モミアゲをふとく描いたり、ヒゲをどんどん描いていきました。これは前からいちどやってみたかったことで、もうりっぱな英雄です。いさましい心の状態を鏡にみとめてもらいたくって、タケルは腕を組んだり、胸をグッと張ってみました。

「ばぁ〜か。」

鏡のなかで兄が笑いました。
タケルはカッとなって、さっきまでの“英雄”からあまのじゃくの鬼ッ子になり、引き出しにあったナイフで兄を殺してしまいました。あんなに輝いていた鏡は、心は、古い銅鏡のようにみるみると錆びていきます。おそろしくなって、タケルは家を飛び出しました。

丘にのぼって泣いていると、「ぽとり。」と音がしました。花の落ちる音です。眉墨でぐしゃぐしゃになった顔を音のしたほうへむけると、あちこちにつばきが落ちていました。さっき落ちたばかりの美しいのや、枯れてうす汚れたもの、人に踏まれてぺしゃんこになっているものや固いタネがぱらぱらと散らばっています。

「りんねてんしょう。生きて、朽ちて、また蘇れ。」

さっきじぶんが殺してしまった兄、兄はどのようなものに生まれかわるのだろうか・・・じぶんはゴミムシだとおもったが、このとき、白鳥に生まれ変わることをタケルはまだ知らなかった。





| 花鳥風月虹の詩歌 | 21:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
世界の静かな中心であれ Vol;008


世界の静かなド真中であれ    
少年るろう王「白あざみ、断章」Vol;008



その男Mは黒い学生服の第一ボタンをいつも外していた。ワザとではない。胸板が厚すぎたのと、学生服のサイズが人並みであったからなんだ。したがって、両腕は鳥が空を飛ぶかのごとくにハの字の格好をしながらも、両の拳はしっかりと握られていて、いつでもひとりぼっちで歩いていた。

学園の校庭の隅には小川が流れていた。その小川にそって、巨人兵のように背の高いポプラの樹がずらっと並んでいて、Mはその樹の下をよく歩いていた。三つほど先輩だったから、わたしがやっと高校生になったとき、Mの姿を見つけることはできなかった。

その後わたしはデザインの勉強のために上京し、やがて、デザイナーとなった。最初に務めた会社は四谷本塩町自衛隊正門前の眼前にあったが、その日は朝からヘリコプターの音がうるさくてならなかった。それでも仕事に追われながら一日はどうにか終わったが、翌朝、朝刊をみてびっくりした。全面黒々としている新聞に、作家三島由紀夫とともに先輩Mの名前が刷られてあって、割腹自殺したという文字が踊っていた。

ワッ! 世界の静かなド真中であれ・・・しばらくして、わたしはその会社を辞めた。







| 花鳥風月虹の詩歌 | 14:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
世界の静かな中心であれ Vol;007


フランダースの草原にて      
少年るろう王「白あざみ、断章」Vol;007



異国の野に赤いケシ畑があると聞く
フランダースの草原で満開になった赤いケシの花
戦争で死んでいった兵士たちの血の色なんだ
「ぼくらはこの地上に生きていた」と
雨が 雪が 風が知っている
人々からは忘れさられたケシの花だったが
いのちの種は闇から光へとのびて
長く冷たい夜の眠りから目を覚ます
殻を砕き 花を咲かせる


雲が 霧が 虹が知っていた
そのことを 一匹の蛇が知っていた

蛇は自分のちいさな甲冑(うろこ)を脱ぎすてて
すっくと立ち上がりながら
赤い花々に挨拶をする
「ぼくの恋人よ」と
すると花々が
眼には見えぬものごとを悟り知る者よ
花々は「イェイツ」と蛇に渾名して
フランダースの草原にて三つの星を指し示す
朽ちて 果てて 蘇れ と






| 花鳥風月虹の詩歌 | 16:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/28PAGES | >>