CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
白夜行

デジタルからケハヒまで・・・GAIA corazón


  「白夜行」 

ぬばたまの
暗黒の果てのステーション
イワンノフ・オルフェウス博士は
月へ辿り着くことなく死んだライカ犬
クドリャフカの哀れを偲び
宇宙塵となった犬の骨を拾う
博士は「反魂の秘術」を東洋の高僧から学んだが
その秘術をもって
クドリャフカの骨をつなぎ
人間人形ハル61216号を造った

博士が所属するステーション内の実験室は
スペクター財団の息の根のかかる
宇宙空間国家安全諜報機関ではあったが
クドリャフカの無念と慰安をかね
かねがね考えていたことを
博士が実現したまでのことであった

さて
どこを漫遊旅行させるか思案したが
博士の師匠である四条大納言某の住む処
おうごんの国ぢぱんぐがよかろう……
そう決めてロケットへ乗せる
余談ではあろうが
61216号の「ハル」とは
春に甦れ!
滑稽千万だが
博士にウソはなかった

さてもさて
浮草のような青い星のガイア
そのたそがれ時
人間人形ハル61216号はやんごとなき
四条大納言某邸の庭にあらずや
博士がちと算術を間違えて
到着時刻がやや遅れ
おまけに場所も間違えた

ここいら一帯はもと六波羅探題
珍皇寺の古井戸の蓋がパカと開いて
ハルは六道の辻へでんぐり返った
辻からまたすっころんで
蜜寺の門前で
柔らかな
リアリズムとぶつかり止まる
緋の鼻緒の白い脛

歩き巫女やら出雲のお国
飛んだり跳ねたり法悦の汗かいて
泡吹くジジイは赤十字
あとから検非違使やってきて
ジャリンコ自転車餓鬼ども走り
犬ネコ畜生 修羅雪姫も走り去る
御簾車も走り去る

「コンコンチキチキ、コン、チキチン!
 けったいな人形のボンちさん。
 早う早う、この輪〜に入てぇな。
 コンコンチキチキ、コン、チキチン!」

ひらひら舞い舞う勧進蝶をはべらして
遊行上人さんが踊ってござる
僧カミナンド・ゴタン・オエステ
お上人さまが踊ってござる
おうごんの国の街角の
この六道の辻(スクランブル)はなんて俗々しく
なんて愉快なところだろうか
ハルは自分がシベリア産のライカ犬
     クドリャフカであったことを忘れ
超強精剤のCRC.5_56でウガイすると
すっくと立ってすっくと踊った






| C o r a z ó n | 12:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ホールネス症候群

デジタルからケハヒまで・・・G A I A c o r a z ó n


G A I A c o r a z ó n
  「ホールネス症候群」

目の玉をオペした
よく見えないまま森を歩く
タテ駈けるヨコ駈ける奥行き
どんどんこ歩いていって
ときに木々の円周にそって旋回する
阿! 宇宙飛行士のようにふうわりふうわり
ウマノスズクサの毒を喰ろうた麝香鳳蝶が
絶対歓喜しながらユーゼン幽霊のよう
ゆうらりゆうらり飛んでゆく
鳥辺の森の底辺一帯に
電波は届かない
無重力だなと思った






| C o r a z ó n | 20:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
鬼アザミ考

デジタルからケハヒまで・・・G A I A c o r a z ó n


 「鬼アザミ考」

ぼくはケータイ・ショップで働くロボットです

「よう、つるつるした白いあんちゃん」
「いらっしゃいませ、全面的にウエルカムです」
「あのさぁ、あっちむいてホイのこっちむいてホイ。
 赤あげないで白あげてホホイのホイ。あっちむかないで
 こっちむいてホイ」
「・・・・・・・・・・・」
「おめぇ、全面的ウエルカムだろう。しっかり働けよなぁ」
「・・・・・・・・・・・」
「沈黙したまま固まっちまったぜ。再起動かますぞー」
「・・・・・・・・・はぁ、はい」

ぼくは清く正しく美Cく生きていますが
しっかり反応ペコペコしなくてはなりません
「いらっしゃいませ。いらっしゃいませ。お客様は神様です」
なんちゃってるのも不自然ですが
あれはいつであったろうか
純喫茶『羅生門』に置いてあった古雑誌でみつけた
赤グロい絵姿の〈まつろわぬ者〉
吽? あんなケッコーな花になっても見たい






| C o r a z ó n | 14:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ライカの亡霊

デジタルからケハヒまで・・・G A I A c o r a z ó n



 「ライカの亡霊」

地球は青かった…… とは
(ライカ)クドリャフカの見た夢でしかなった

風のように 露のように 
失われゆく青い惑星へ
かえりたかったが かえれない
やれ いたはしの
(ライカ)
クドリャフカ
地球はどんどんこだんだら黄色くなって
汝の細い首輪だけが浮いている

汝は宇宙の果てで星となり
いまも すうと輝く






| C o r a z ó n | 10:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
雨の中の涙

デジタルからケハヒまで・・・G A I A c o r a z ó n


 「雨の中の涙」

ながれ星と衝突した
宇宙戦艦ポチョムキンは
オデッサ・ステーションへ寄港する

ステーションには花が一輪も咲いてなかったが
精神医学チームの実験室には赤い造花が飾ってあって
人間人形ロボットHAL_61216番はそこで生まれた

脳を肥大化させたチップを詰められたHALは
青い惑星ガイアへ送られたが 使命は謎

(機械シェパードとなってパトロールせよ!)

雨が降りしきる美しい惑星
そんな街角のカウンターでホット・ココアを飲みながら
HALは『ライフ』という古い雑誌をめくった

そこで“鬼”という言葉をみつけたが
人工知能にその意味も言葉もなかった
鬼とは「まつろわぬ者」……

HALは 
この鬼に嫉妬した






| C o r a z ó n | 16:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
G A I A c o r a z ó n



 「夜行列車」

はらぐろい人よ
せいれんな人よ
とんちゃくなしに星は輝く
月は口をあけて笑う



>>>ちょっと大袈裟ですが、左眼でみた月と木星はまだこんな感じです。^_^
いまだ皆さんから戴いたのお見舞いの言葉にきちんとこたえられないまま過ごしていますが、お許し戴ければ幸いです。






| 日々是好日 | 20:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
白内障手術(IFIS)



ベランダの胡蝶蘭が二輪ぱっちり咲いてくれた翌日の12日に左眼の手術をしました。そして19日には右眼でした。
白内障の手術ですが、巷では“簡単”という噂です。しかし、なんにでも個人差があります。わたしの場合、黒目にあたる左眼の虹彩に支障があって、瞳(瞳孔)が十分に開きつづけてくれないため、かなり高度な手術となりました。右眼はそれほどでもありません。結果、無事終了しましたがいまだ一喜一憂、はっきりとよく見える日があったり、ぼんやりしたりの日々です。角膜保護の目薬のせいもありますが、これまでの眼鏡がどれも合わず、大きな天眼鏡で済ませています。

一部の方々には大変ご心配おかけしましたが、いまは眼の保養をかねながら近くの植物園や野山をぶらぶらと徘徊しています。詳しくは後日またご報告させていただければ幸いです。






| 日々是好日 | 11:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
また一輪、咲いた胡蝶蘭



とてもデリケートな花ですが、今朝、また咲いてくれました。





| 日々是好日 | 14:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ロマン・ド・ラ・ローズ # 008



  『金のつぎの銀は雪』

雪はなにもなかったかのように降っている
光はまぶしかったが
かしこい狼はいつだって眼をそらす

そんな光のさきに昨日までそびえ建っていた
金の王国が一晩のうちに滅んだ

それへつづいて銀の王国が栄えたが
これもいつしか滅んでいった

金のつぎの銀は金でなければならないという夢伝説を
人はかぎりなく手探りしていたが

金のつぎの銀は雪であればいいのだと
くらやみからふりかえった狼がつぶやいていた

胸に八つの乳房をぶらさげて
たったいっぴきだけのこどもを孕んだ狼
生きてあるもののわたしとして

          〈 C o r a z ó n 〉より






| C o r a z ó n | 11:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ロマン・ド・ラ・ローズ # 007. 




  『パラダイスより遠く』

こころが大きくはばたくとき
サーベルのように煌めく
黒い蝙蝠傘の鉄芯へ硬く結んでおいた
血で染まるリボンの帆をなびかせ
わたしは渡海する

風の無頼たちを手下に従え
艤装されたパラソルの小舟に乗り込んで
祖国とよばれる
パラダイスより遠くはなれ

          〈 C o r a z ó n 〉より





| C o r a z ó n | 12:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/126PAGES | >>