CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 聖書25/100週間 | main | 涙壷見学会 >>
聖書26/100週間


『サムエル記上』第16章〜第31章を読む

ダビデの活動が生々しく記録されてある『サムエル記上』の後半は
まるで映画をみているようだ
逆をいえば、映画による戦闘シーンやその史実を仮想体験するたびごとに
聖書とは魂のバイブルとしてあるだけではなく
生きぬくための戦術的バイブルともなっているのではないか? 
そう思わせるような『サムエル記上』の後半であった

まごころや裏切り
あざけりや慢心
誠意や忍耐
ありとあらゆる人のこころの糸がもつれもつれながらも
あるべき一本の糸筋となってゆく
その影にはたえず聖なるものへしっかり近づきたいという
まっすぐな人の心がそうさせている
良くも悪くも
力ある人の心から発する言動はおのずと歴史をつくりだす
二代目の王となるダビデの発する言動は
美しすぎるほどに良い力が発している雛形のようでならない

16章7節「人は目に映った華やかなことを見るが、主は心によって見る」
あるいは17章38節において粗野な格好をしたダビデが
青銅でつくられている見事な鎧兜を着るゴリアトと闘うさいに
「こんなものを着たのでは、歩くこともできません」
そういって無理やりに着せられた豪華な鎧兜を脱ぎすて
初代サウル王の名剣をも投げ捨てて
ダビデは自前の杖と道に落ちている五個の石ころだけで闘った
そして見るからに強そうなゴリアトをいとも簡単に倒してしまう
これらの二つのお話には共通する本質的な魅力がある

こうして物語はいろいろ進んでゆくが
ひとつ気なったことがある
それは神に選ばれて二代目の王となるダビデを憎む初代王サウルが
「ダビデを殺しはしない」と決意しているにもかかわらず
神はサウルを誘惑するがごとく
堕天使サタンのような「悪霊」をサウルへたびたび遣わして
そしてサウルを堕落させる
これはなにゆえの試みだろうか
わたしが持つ神への概念を狂わすような「悪霊」とはいったいなになのか?
心のねじ曲がった人間をためすことへの比喩なのだろうか?
いずれにしても気になる箇所だった

これが今週の感想です


今日の祈り;30章21節にある「荷物のそばにとどまっていた者の取り分は、戦いに出ていった者の取り分と同じでなければならない」そうダビデがさとすところがあるが、なんでもかんでもやったもん勝ちの現代において、その精神に学ぶところは大だと思う。荷物を守るものがいるからこそ身軽に戦えるのだ。この価値基準は先にのべた16章7節や、17章38節と共通したものがある。が、しかし、今日の企業における突然の解雇、あるいは党や派閥が互いに抗争しながら大切な事柄はいつでも棚上げにしたまま、ズレた感覚の政治家や実業家だけが勝って気ままにやっている現代。上に立つものは、そして我々は、つまり一人一人の人間たちがどうあらねばならないか、お導きを!




| 聖書100週間/未完 | 11:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.michihico.com/trackback/940707
トラックバック