CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 主な登場人物 | main | 開催中です! >>
授業風景
 創形美術学校は三年生になると「古美術研修旅行」へ行く。4泊5日の奈良・京都で、わたしも引率したことがある。年度によっては、先方の都合で行き先の予定が変わることもあるが、百済観音像、南禅寺金地院の猿猴捉月図(長谷川等伯)、天寿庵の松鶴図(長谷川等伯)、大徳寺の狩野永徳、天球院、智積院、聚光院など、めったに見れない所を回る。わたしが担当するイラストレーション・絵本専攻による「エキシビジョン」という授業は、この時期をはさんでの授業だ。そこで、課題テーマを「クラッシックからの再生/であえたときがいま」とした。


 「エキシビジョン」とは、文字どおり展覧会のことで、当学校にあるギャラリー「ガレリア・プント」において二週間の予定で開催するための、ビジュアル・コミニュケーション・ワークスだ。
 現在、イラストレーション・絵本専攻の学生19名とは二年生の折に通年授業で苦楽をともにしてきた関係なので、三年生ともなると積極的、かつ自主的に制作してくれるので有難い。
 わたしの現場は、どんなときであろうが、いつであろうが、結果よりも過程を大切にしている。猛スピードで老いてゆく消費社会の流行に振りまわされ、自身を維持しようとするがために全体であろうとするよりは、個々のストーリーやサブコンシャスな世界を大切にするよう、できうるかぎり指導している。だから、カッコ良くもなく即効性がないぶん、勘違いされると退屈きわまりないと思う生徒もいるだろうが、ともかくも、奈良や京都のみやげ話やお菓子をいただきながら、副手さんの力を借りて、幸いにも和気あいあいとやっている。モンドリアンのブロードウェイ・ブギウギ風の京都地図、虎図、猿猴捉月図、両親と仏像など、イメージは外部へと飛びかっている。
 なお、同展覧会のフライヤーは三年生グラフィックデザイン専攻の学生に手伝って戴いている。どんなのができ上がるか、楽しみだ!

・・・・・・・・・・『であえたときがいま』展・・・・・・・・・・・・
■2008年6月10日(火)より6月21日(土) AM10:00〜PM6:00
           15日(日)休廊
■創形美術学校1Fギャラリー「ガレリア・プント」
           〒171-0021東京都豊島区西池袋3-31-2
           TEL 03-3986-1981 FAX 03-3986-1982


| 美術 | 21:45 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
大橋君や池田君たち9期の卒業生たちにひきつづき、今年の三年生とはなんとなくいい思い出がつくれそうな予感がしています。
たとえ一瞬でもいい、絵を通して深い意識を無心になって解放している自分と出合ってさえくれたならば、それでぼくの仕事はもう終わりです・・・・・と、行きたいところですが、うっかりかいかぶっているとすぐ裏切られちゃう(笑)手は絶対にぬけません。アハハハッ。。。。余談ですが、二年生のレコード・ジャケット展も階段の隅でやっています。是非!! に。

そういえば、「SUNDRIES」でも林みちよさんのコレクション展やっているんですよね!!? 明日、K2さんにはお邪魔したく思いますので宜しく。

| み千彦 | 2008/06/07 7:32 AM |
今年度、3年次の授業をお願いできて本当に良かったと思っています。卒制前の大事な時期に学生を揺さぶっていただけることは、またとない良い機会になったと思います。『であえたときがいま』展まであと数日となりましたが、学生たちの表現がどのようなかたちで外に向け飛び交うか、今から楽しみにしています。ご指導よろしくお願い致します。

明日はK2の加藤さんのところでの林さんの展示に夕方からお邪魔します。三千彦さんもお時間がありましたらいらして下さい。お待ちしています。それでは。




| 山田隆志 | 2008/06/06 10:39 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック