CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ある女たらしの死 | main | 東から西へ、また東 >>
護符
護 符(ごふ)
      シテ/修羅男 ワキ/峯子 間狂言/鈴虫 
                  所/茶室のような小間 時/夏


            *この護符は、三峯山のお隣にある御嶽山の御札。


地   黒髪を かたくむすんでS文字の髪

シテ  「きみが女の、こころのうちを。

地   きっとほついて 散らせてみたい
    きみが黒髪 夜会巻

囃子  チン トン ビュウイーン
    ベベーン ベン チリリリリリリリ・・・・

シテ  「夏の夜は、なお、たそがれて鈴の虫。

地   鳴いて修羅男(しゅらお)は 眠りたる
    鳴いて修羅男が 眠りたる

囃子  チン トン シャン
     ビュウイーン ベベン チリリリリリリリ・・・・

地   三弦の 棹を三つにばら ばら ばらッと
    折って畳へならべてる きみが女の

狂言  足袋のこはぜの 金のいろ
    ひざの無言や指 抱きしめながら

シテ  「きりっとむすんだ、黒髪を、
    きっとほついて、散らせてみたいと思っているが。 

ワキ  「おんなの黒髪、夜会巻。
    火焔太鼓か、蔓、草、渦潮、糸ひくけむり。

囃子  チチチチチチチチ トォーン チン シャン
    チチチチチチチチ ベベーン ベン ベーン

シテ  「足袋のこはぜの、金のいろ。
    ひざの無言や指、抱きしめながら。

ワキ  「きりっとむすんだ、黒髪を。
    きっとほついて、散らせてみたいと願っているが。

地   帯の織柄 護り札
    三峯神社の狼が 眠り修羅男を睨んでござる
    盗人せぬよう きりっと睨んで見てござる

囃子  チン トン ビュウイーン
    ベベーン ベン チリリリリリリリ・・・・
             
                幕
| 能楽詩集 | 17:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.michihico.com/trackback/356271
トラックバック