CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 日曜 | main | 無言の会話 >>
橋姫
橋 姫
シテ/橋本捨之助 所/代官橋



シテ  「父さんボクは、だれの子ですか。
    母さんボクは、だれなのですか。

地   父さんなんにも話してくれぬ
    母さんなんにも話してくれぬ

シテ  「父さんボクは、だれなのですか。
    母さんボクは、だれの子ですか。

地   おまえはね 橋のほとりで拾ったの
    泣いてるところを 拾ったの

     (舞)

シテ  「父さんボクは、だれの子ですか。
    母さんボクは、だれなのですか。
    ボクのお口はおおきいな。笑えば奥歯に牙もある。
    指笛吹けば、指の水掻き、さびしいな。
    運河へ浮かんだ赤い靴、石を投げてもあたらない。

     (足拍子)

地   貧しき人の住むという 刑部(おさかべ)神社のその裏手
    代官橋のほとりに暮らす 耳をかくしたあの女
    おまえは鬼の子 橋姫の子だ

シテ  「ボクは鬼の子、橋姫の子だ。

地   そうだよ おまえは橋姫の子だ
    影をごらんよ 耳がない
    影をごらんよ あかい影
    うつし身を継ぐ 橋姫だ 

                 幕
| 能楽詩集 | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.michihico.com/trackback/328064
トラックバック