CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 「ベアト・アンジェリコの翼あるもの」アントニオ・タブッキ | main | ベアト・アンジェリコの翼あるものと受胎告知 >>
風散布されるカロリナポプラの綿毛たち
この季節、都立赤塚公園のカロリナポプラの種子が風にとばされて舞いはじめました。その枝を拾ってコップに挿して飾っておいたら、二日後、早朝には気づきませんでしたが、寺男の真似事をしてきて昼に帰宅したらビックリ、雲のように瀧のように離々と綿毛が透けていました。じつに美しいですが、人の気配がしただけでフワフワと飛び回ります。しかたなし、瓶にそっと閉じこめました。


2020_5_25/19;00_____________
夜の散歩で見つけたカロリナポプラ



2020_5_26/06;15_____________
朝の散歩で見つけたカロリナポプラ



2020_5_26/10;30_____________
コップに挿しておいたカロリナポプラ



2020_5_28/12;30_____________
雲のような、瀧のようなカロリナポプラ



2020_5_28/14;00_____________
瓶に閉じこめたカロリナポプラ。




         *    *    *


今日の朝にUPしたカロリナポプラと同様のものですが、この丸瓶には昨年のポプラが入っています。うす茶色のほとんどがそのポプラです。ななめの太い枝やキミドリ色のつぶつぶの実は今年になって拾った新しいカロリナポプラです。なかよく一緒に入っています。




こちらの写真はもう一方の丸瓶と同じものですが、朝の光や場所の関係でキラキラと真っ白に輝いています。けれども、それは今年に拾った新しいつぶつぶの実が瓶の中で開いたばかりでありますから、やはりそれなりに真っ白く輝いています。けれども来年になれば、これもまた歳老いて茶色くなっていくのでしょうね。




2020_5_26/10;30_____________
風散布されてゆく綿毛たち


以上、すべて都立赤塚公園内で拾ったカロリナポプラの観察日記







| 日々是好日 | 16:33 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする