CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 花よ、コロナウイルスを祓い清めたまえ! | main | 「蠅」J・サルトル >>
「西行花伝」辻 邦生
Facebook/Book Cover Challengeより
読書文化の普及に貢献するために好きな本を1日1冊、7日間投稿するチャレンジ ・リレー! グラフィックデザイナーの堀川治人氏から受け取ったバトンの第一回目です


旧知の友からメッセージが届きました。「Book Cover Challenge」へのお誘いです。さっそく電話をしましたが、彼の声を聞いていたら懐かしくなってバトンを繋ぐことにしました。私流「ウサギとカメ」 の、カメのようなリレーとなりますが宜しくお願いします。よかったら見て下さい。

小説「西行花伝」辻 邦生
出版社  新潮社
表紙装画 柄澤 齋
装幀   新潮社装幀室


この本は、コロナウイルスが蔓延しだす前年の秋から初冬へかけ再読した本です。
若いころ角川短歌賞へ毎年応募したことがあって、一度は終盤近くまで残ったこともありますが、短歌を詠むのをいつしかやめてしまった。そんなこともあっ て、西行の歌に接する機会は何度となくありましたが、西行の歌はいつも退屈(結局は高度すぎた)で、正直好きになれませんでした。が、やっぱり気になる歌 人です。この本も歳を経てから再読してみると、いちいちが妙にストンと落ちてきます。文中、西行(辻 邦生)はくり返しくり返し森羅万象の謎や理を解きほぐしていきます。そこがよかった。^_^






| 文学 | 10:14 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする