CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ホールネス症候群 | main |
白夜行

デジタルからケハヒまで・・・GAIA corazón


  「白夜行」 

ぬばたまの
暗黒の果てのステーション
イワンノフ・オルフェウス博士は
月へ辿り着くことなく死んだライカ犬
クドリャフカの哀れを偲び
宇宙塵となった犬の骨を拾う
博士は「反魂の秘術」を東洋の高僧から学んだが
その秘術をもって
クドリャフカの骨をつなぎ
人間人形ハル61216号を造った

博士が所属するステーション内の実験室は
スペクター財団の息の根のかかる
宇宙空間国家安全諜報機関ではあったが
クドリャフカの無念と慰安をかね
かねがね考えていたことを
博士が実現したまでのことであった

さて
どこを漫遊旅行させるか思案したが
博士の師匠である四条大納言某の住む処
おうごんの国ぢぱんぐがよかろう……
そう決めてロケットへ乗せる
余談ではあろうが
61216号の「ハル」とは
春に甦れ!
滑稽千万だが
博士にウソはなかった

さてもさて
浮草のような青い星のガイア
そのたそがれ時
人間人形ハル61216号はやんごとなき
四条大納言某邸の庭にあらずや
博士がちと算術を間違えて
到着時刻がやや遅れ
おまけに場所も間違えた

ここいら一帯はもと六波羅探題
珍皇寺の古井戸の蓋がパカと開いて
ハルは六道の辻へでんぐり返った
辻からまたすっころんで
蜜寺の門前で
柔らかな
リアリズムとぶつかり止まる
緋の鼻緒の白い脛

歩き巫女やら出雲のお国
飛んだり跳ねたり法悦の汗かいて
泡吹くジジイは赤十字
あとから検非違使やってきて
ジャリンコ自転車餓鬼ども走り
犬ネコ畜生 修羅雪姫も走り去る
御簾車も走り去る

「コンコンチキチキ、コン、チキチン!
 けったいな人形のボンちさん。
 早う早う、この輪〜に入てぇな。
 コンコンチキチキ、コン、チキチン!」

ひらひら舞い舞う勧進蝶をはべらして
遊行上人さんが踊ってござる
僧カミナンド・ゴタン・オエステ
お上人さまが踊ってござる
おうごんの国の街角の
この六道の辻(スクランブル)はなんて俗々しく
なんて愉快なところだろうか
ハルは自分がシベリア産のライカ犬
     クドリャフカであったことを忘れ
超強精剤のCRC.5_56でウガイすると
すっくと立ってすっくと踊った






| C o r a z ó n | 12:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.michihico.com/trackback/1018663
トラックバック