CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ロマン・ド・ラ・ローズ #001. | main | ロマン・ド・ラ・ローズ # 003. >>
ロマン・ド・ラ・ローズ # 002. 


はや立秋ですが夏はまだこれからが本番です。みなさん、どうぞお身体ご慈愛下さい。



  「ドン・マクシミリアーノ帝滅紫種子学」

乗ってきた船と同じ
軍艦「ノヴァラ」号に乗って、その男は
帰っていったなぁ。

白い陶器のように冷たくなった欠片へ
カーニバルの仮面を「ひょい」と被って、男は
ひどく無口であったなぁ。

ヴェラ・クルスの波止場のモノカゲ!
コンセプティオン・サダ子はその男の種子、赤ん坊を
抱いていたなぁ。

            〈 C o r a z ó n 〉より 





| C o r a z ó n | 11:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.michihico.com/trackback/1018647
トラックバック