CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< Nuevo Tango | main | 加賀藩江戸下屋敷跡 >>
バーリントンの石



とある公園で一服していたら、目立たないところに大きな石の塊がデンと置いてあったのでなんとなく見ていたら、古生代シルル紀のもので、生物の遺骸などが堆積してできた岩石(苦灰石)とのこと。近づいてよく見れば、ウニやナマコの祖先にあたるウミユリ類の化石がところせましに付着していた。なんとなく、この石をこなごなに砕いてみたい衝動にかられたが、まだ行くところがあったので諦めた。

しかし、こんなお宝をだれ一人見るでもなく、これからもヒッソリと唯そこにあるだけなのだと思うと、なんだか自分だけが随分と徳をしたようでならなかった。4億数千年前の苦灰石は、カナダ国オンタリオ洲バーリントン市民からのプレゼントであった。





| 美Cき風の… | 18:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.michihico.com/trackback/1018636
トラックバック