CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< イリアス・オデュッセイア/エレクトラとオレステス | main | 僕のイリアス・オデュッセイア詩画 _ 展 >>
グループ展『漂白』の告知です!



グループ展『漂白』の告知です!
新元号が発表される日に懐かしい友達とあつまって展覧会を致します。お近くへお出の際はどうかお立ち寄り下さい。

   東 逸子
   出原速夫
   尾崎眞吾
   佐藤三千彦
   林 恭三
   藤井正彦

◆会期:4月1日(月)から4月6日(土)/11:30-19:00(最終日17:00迄) *Opening Reception:4月1日 17:00-19:00

◆会場:art space kimura ASK?
〒104-0031 東京都中央区京橋3-6-5 木邑ビル2F/TEL&FAX:03-5524-0771
◆ http://www.kb-net.com/ask


線の揺らめき(挨拶文)  萩原朔美

 大昔、人が初めて一本の線を記号に変えた。文字にも絵画にも見える形。どちらかに進む分岐点。線には、逡巡、揺らめき、諦念がある。そこが、イラストレーションの生家ではないだろうか。だから、イラストは常に先端にいなければならない宿命を背負っている。
 このグループ展は、イラストという表現が常に先端をゆく、炭坑のカナリヤであることを照明している。後に続くものに歌を聞かせ、時に危機を察知し身体で知らせる。六人の表現はとても愛らしい。それは自身がカナリヤであることを引き受けているからである。

       *  *  *

わたし自分は炭坑に棲むコウモリかも知れないと思うほど世間さまにひるんでいましたが、映像作家の萩原氏の最後の賛辞「それは自身がカナリヤであることを引き受けているからである」に勇気をいただきました。展覧会を楽しもうと思っています。^_^






| インフォメーション | 11:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.michihico.com/trackback/1018628
トラックバック