CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< イリアス・オデュッセイア/復讐女神エリニュスの島 | main |
イリアス・オデュッセイア/丸い眼が一つだけの巨人キュクロプス


へーパイストスという鍛冶職人は自由自在に歩くことのできる真鍮製のロボットを造った天才で、一つ目巨人キュクロプスはこの親方の弟子となって、その工房でいろんなことを学んだ。彼はすでに独立して、いまはシチリア島の近くに住んでいた。オデュッセウスはトロイア戦争の帰路、この島へどうしても立寄ってみたかった。世界を二分するほどの原因をつくった美女へレネの秘密を証しておきたかったからである。キュクロプスはキュクロプスで、オデュッセウスがこの島へやってくることを兄のポセイドンからすでに聞き知っていた。

オデュッセウスはさっそくに、美女へレネは機械仕掛けのからくり人形ではなかったのか・・・とキュクロプスにたづねた。すると一つ目をウインクしながら「おまえが持っている白金の、そのペーパーナイフをおれにくれたら教えてやろう」といった。そこでオデュッセウスは左腕のホルダーにつけておいた匕首をさしだした。光だけはりっぱだったのでキュクロプスはよろこんで、すぐにヘレネの秘密をしゃべった。

あれはおれの造ったものではなく、お師匠さんである親方のへーパイストスが造った自動人形で、未来的なイブなんだといった。では、“いのち”の始末はどうすればいいのだとたづねると、キュクロプスは丸いおおきな目玉をぱちぱちさせて、さっき手に入れたナイフを二三度ほど噛むと、まっ赤な顔をして怒りだした。革新素材のステンレス製だとばかりおもっていたナイフがへにゃちょこなブリキ製であることを見やぶったからである。肝心な謎を聞きだせないまま、あとは逃げるが勝ちとばかりにオデュッセウスはその島を逃げだした。老いたキュクロプスは四角い紙切れにスケッチしておいた火炎放射器の操作図面をみつめながら、まだ若やいでいるレーザー光線のような火焔をオデュッセウスの船にめがけてプーッと吐いてみせた。(ぼくのイリアス・オデュッセイアより、絵は「丸い眼が一つだけの巨人キュクロプス」 2018)





| 贋作ギリシャ絵物語 | 14:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.michihico.com/trackback/1018602
トラックバック