CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< イリアス・オデュッセイア/木馬より花を | main | Manos Hadjidakis >>
イリアス・オデュッセイア/カリュプソは初戀の味



うつらうつらとして、これは夏の昼寝でみた夢だろうか・・・。さっき二人して飲んだ白いカルピスはもうどこにも出口のない蜜の味がしていた。蜜は甘苦く、初恋の味であった。それがペネロペイアとのものであったかそばにいるこいびととのものであったかすらわからないでいる。そんな自分のからだをみつめながら、オデュッセウスはザクロいろしたこいびとの裸の丘のうなじへ登って、今日も遠い水平線の裏側ばかりをのぞき込んでいた。

光や風がぴゅうぴゅう騒いでいる北回帰線の振動にあぶられて、オデュッセウスは休息のふかみからのがれたいと願っていた。

「こいびとよ! おれはおまえとのここちよい蜜月の打撃からのがれて、にんげんの女が住んでいる故郷へ還らなくてはならない。だっておれは赤い血が流れているにんげんだし、その女ペネロペイアは初恋の人なのだから」

するとドルフィンのようにしなやかだったニンフ・カリュプソのからだがわなわなとふるえだし、腰につけていた花の甘いひだが二人のうえで弧をえがいたかとおもうと、気丈夫にほほえんだ帆をいっぱいに孕んでみせて夢のように美しい船を一艘かたちづくってくれた。(ぼくのイリアス・オデュッセイアより、絵は「カリュプソは初戀の味」2018)






| ないない王のオデュッセウス | 19:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.michihico.com/trackback/1018598
トラックバック