CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< タンゴ・エジプシャン Vol ; 005 | main | 黄昏のオルガニート >>
夏の日のアトム



きのうの夜は
かぎりなく透明なマゴコロと
かぎりなくありふれたギマンの中で
カラスが死んでいたのでちいさな野の花をたむけてやった

きょうの朝は
おおきなイモムシと蝉のいのちを
人にふまれないよう
くさむらの中へそっと移してやった

あいかわらず黙ったまんま
ひれ伏したフリをしている石コロの黒い影
噫 もうどうしょうもないくらい
太陽はいっぱいだ


 (長崎、原爆投下の日によせて)

| 花鳥風月虹の詩歌 | 09:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.michihico.com/trackback/1018567
トラックバック