CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< タンゴ・エジプシャン Vol ; 002 | main | タンゴ・エジプシャン Vol ; 004 >>
タンゴ・エジプシャン Vol ; 003




世界の静かな中心であれ・・・TANGO EGYPTIAN
   タンゴ・メタ・フィジカ


子どものころにくらべると歳月の経つのがなんて早いのだろうか。そう思いながら古いカレンダーをめくってしまえば今日から七月、一年の半分が過ぎて しまいました。ぞっとしているのはぼくだけでないと知りつつも、歳を重ねすぎた自分自身の問題か、やることなすことすべてがのろくなったし部屋も油断して いるとすぐに散らかってしまう。生きていること事態がどうにもこうにも面倒なのです。

そんなうつろな時間(意識)が流れていくなかで、たまにポンポンと花火のような破裂音が聞こえることがあります。外部からではなく、それが内部からやって くる不規則な心臓音だと知ったとき、不可分な過去と未来をのべつ分けへだてている“いま”という虚無点の連続性や、いのちの尊さを激しく意識するようにな りました。瞬視としての虚無点は稲垣足穂がいうところのアウゲンブリックですが、最近、タルホ翁の「黄漠奇聞」をまた読んでみました。

「栄華をきわめたバブルクンドの王は自身の紋章である新月の青い吹き流しが本物の三日月に劣っていることを知って、夜空に輝いている月を一晩のうちに追いつめて槍で落とすも、新月のない星空の下を幾年月もかかって都へ帰ったときに見たものは、廃墟となった自身の都であり、閉じこめておいた三日月の箱を開いた途端に辺り一面がもとの砂漠になってしまった」

いま思うに“バブル君土”という地名は偶然にしては愉快ですが、この物語は権力やマジョリティな意見、時がもっている素顔の危うさをぼくに教えてくれま す。と同時に、人間界の時空を遥かに超えてしまったかのような四次元力をもつ砂の王国エジプトの姿が、いまおもしろくてなりません。






| 花鳥風月虹の詩歌 | 18:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.michihico.com/trackback/1018564
トラックバック