CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< タンゴ・エジプシャン Vol ; 001 | main | タンゴ・エジプシャン Vol ; 003 >>
タンゴ・エジプシャン Vol ; 002




世界の静かな中心であれ・・・TANGO EGYPTIAN
   ミイラにダンスを踊らせた「ウジャトの眼タンゴ楽団」一座


ちょっと長ったらしいタイトルですが、エジプト神話のイシス女神を座長とした旅の楽団が、月夜の砂漠で一服しながらとぐろを巻いています。楽団は画家キリコが描く貨車のような屋根の上で思いおもいの音を奏でています。ジプシー・ワゴンのような貨車はファラオの石棺が納められている厨子そのもので、夜空の青い包容が切なすぎたせいでしょうか、ファラオの王棺をうっかり開けてしまいました。

死者を蘇らせることはタブーで忌み嫌われていますが、絵には「絵空事」という都合のいいことばがありますし、日本には死者との対話を美しい芸能にまで高めた能があります。

そんな能舞台をコバルト色の砂漠へ見立て、地謡は蛇腹の手風琴(バンドネオン)を主(あるじ)としたウジャトの眼タンゴ楽団がビートのきいたビプラートで熱風のようなイキを吹きかけています。ファラオのミイラを青きセラピーの力で蘇らせようという算段です。はたして、少年王ファラオは復活のタンゴを踊れるのだろうか・・・




http://www.the-noh.com/jp/people/essay/002michihico.html






| 花鳥風月虹の詩歌 | 20:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.michihico.com/trackback/1018563
トラックバック