CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 話せたらいいのにね | main | in my LIFE +Le Sang d'un poète >>
青き星の家に




あてどない流砂のただなかにあつて
    『形と影はわたしを弔ふ』Vol.090

  青き星の家に

琥珀いろのセミは 樹の皮の上に
翡翠いろのセミは 若葉の影の下に
黄銅いろのトカゲは 枯葉の中に

それぞれは それぞれに
生きて 死んで 

ヒトも産まれては すぐ消えてゆく

にもかかわらず累々と
生活を支配しようとするモノがいる

われわれがなんであれ かんであれ

琥珀いろのセミは 樹の皮の上に
翡翠いろのセミは 若葉の影の下に
黄銅いろのトカゲは 枯葉の中に

それぞれは それぞれに
生きて 死んで

ヒトも産まれては すぐ消えてゆく
この青き星の家に生まれ育って





| 花鳥風月虹の詩歌 | 11:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック