CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 朝日ジャーナル/反原発ポスター | main | タンゴ・フィロソフィー >>
「越境」

コーマック・マッカーシー「越境」黒原敏行/訳 早川書房(ハヤカワepi文庫)



マッカーシー(Cormac McCarthy)の『越境』をなんとか完読しました。

311以降の状況下で、コーマック・マッカーシーの作品を初めて読ませて戴きました。自然、悪いヤツらや富める者らはグルになってつるみ、貧しき人々は孤立するという、いつの世も変わることのない連中がのさばる荒野をいかにして『越境』できるか。と、まずもってそのことを強く考えさせられました。

まだ読んでいない人、これからの人、すでに読まれた方もいらしゃるでしょうからくどくどした説明は避けるが、今日のような雨の日、身勝手な問わず語りをお許しいただければ幸いです。

第一章は美しくも哀しい少年と牝狼の物語で、それそのものが一つの物語となっていたが、二章、三章、四章はいささか趣の異なった形而上学的なロード・ノヴェルになっていた。が、全章を通して無駄が無く、感情描写は避けられていて、不思議なほど静謐で、純粋で、ただただニヒルで、過酷な物語の連続であった。しかし、内容がそうであればあるほどに、温かな人のぬくもりが滲みでてはくるものの、すぐにもまた、すべては流された血が地へ無意味なまま吸い取られてゆくような現実・・・結局はなにか大きな力によって執拗に駆り立てられてゆく人間や生きものたちの運命や宿命が書かれているようでならなかった。

16、7歳の少年ビリーはニュー・メキシコからメキシコへ、国境をなんどとなく越境しながら彷徨うが、その度ごとに、私は当初、荒れた地形を地図の上でいちいち追いかけて見ようとしたが、そんな事はどうでもよくなってしまった。読み進んでゆけばゆくほどに、自分自身の空洞が広がってゆくばかりで、人が名付けた地名などなんの役にもたたなかったからである。そんなことよりはむしろ、ビリーや弟ボイドの旅は生きることそのものの本性となって、私自身の行く手をはばみ、迷宮入りさせ、どこかへと手ぐすね引いてゆかれるたびごとに、不条理な謎や秘密に魅惑され、まだ読んでもいない一行先の文章を一行、また一行と、コツコツした旅を強いられるハメとなった。

強いられるという表現は適切ではないだろうが、この読み手をかきたてる不可解さの仕組みにのまれてゆく感受性や行為そのものが人生そのものを代弁しているようでならなかった。頭上の星屑や野営の焚き火を見ながら「本当の自分自身はとうの昔に死に、そのあとは一切の経歴も持たず将来の生活といったものもまったく考えられない誰か別の人間として生きてきたかのように思われた」と、ぽつんと話すビリーのリアリズムは妙に温かく、そんなことを書くマッカーシーのことを考えながら、マッカーシーの本を読み、マッカーシーの一行一行を待ち望んで旅をしている“私”は取り返しのつかない星屑や焚き火の中の小さな火を見つけてしまっていて、いつしかビリーとともに同行一人となってしまう。そしてラスト! 追っ払ってしまった醜怪な犬をなんど呼んでも応えはなく、冷たい風が吹いているアスファルトの上に座り込んだ人影はけっしてもうビリーではなく、私でもなく、もちろんあのフェリーニ監督の映画『道』で一人打ちのめされて嗚咽にむせいでいるザンパノでもなかった。それはどこにでも分け隔てるなくいるウン・オンブレ(ただの男)のちっぽけな命でしかなかった。

乱暴ではあるが、マッカーシーの『越境』から小説的ストーリーを読み取ろうとすれば、途端に投げ出してみたいほど退屈な作品になってしまうと思うのは私だけであろうか・・・作品『越境』を丁寧に読んだものだけが知りえる物語だと思えた。

さて、次はなにを読もうか?

おなじ人間たちの欲によって何もかもが失なわれてしまった「事後の世界」を、父と子が“人類最後の火”を運びながら歩き続ける『ザ・ロード』を読んでみたくなったが、たぶん永遠に忘れられないであろう『越境』に登場した犬や馬や狼などの表現描写が絶品であったことをここへ付け加えて終とにします。書きたいことはまだまだ沢山ありますが、長い駄文を読んで下さった方々や、コーマック・マッカーシーを教えて下さったFBトモの三輪さんに感謝申し上げます。ありがとうございました。(^_^)

http://facebook.gwbg.ws/igbh

http://www.youtube.com/watch?v=4FMhJ2A2IDQ&feature=fvsr






| 文学 | 20:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.michihico.com/trackback/1018292
トラックバック