CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 藤原北家贋縁起物語 Vol.036_04 | main | 染の小道 >>
藤原北家贋縁起物語 Vol.037_05

ワニ皮の男と金魚のポピンズ「水と海水」第三話 Vol.05

  (わるいな。おれはおまえの兄でもなければ、
   「フヒト」っていう男もしらない)だなんて

  兄さん
  兄さんが三つのときだったわよね
  おぼえてて
  志度の浦の房前で
  母さんがみるみる溺れていった日のことを
  海女だったから 
  溺れるなんて
  畜生!
  あの男
  父さんが殺したんだわ


         2     〈青銅のトンネル〉

  瀬戸内の 
  志度の浦の海士村で
  母さんは「かみながさん」と呼ばれていた
  その美しき 長き黒髪をアオサギがくわえていって
  平城宮の裏手にあった
  水上池で大きな巣をつくった
  そのころ 不比等の邸は平城宮とならぶ東院の横にあったから
  水上池へまで徒歩で五分とかからなかった
  不比等はどういうわけか
  アオサギがたいそう好きであったから
  鷺を見たさに池へよく通っていた
  そんなある日
  不比等の頬をなぜるものがあった
  絹のごとくに艶のある
  身の丈 三倍もあろう黒髪であった
  これは幸運をもたらすものと
  不比等はこの髪の長い女性をもとめつつ
  津々浦々の
  裏の浦で
  雨が降っていた朝 
  ついに一丈六尺の黒髪が縁となり
  母と であった

              *(一丈六尺は約4.8m、立仏像の標準寸法)
       *

(日刊、時々休刊『妖精新聞 第三話』好評連載中!)つづく






| 藤原北家贋物語/未完 | 11:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.michihico.com/trackback/1018284
トラックバック