CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< TANGO/哀しみのミロンガ Vol.010 | main | タオの器 >>
雪飴じゆとて!



すきな詩人のすきな詩「軍艦茉莉」の表題を失敬してブログのサブタイトルとしてきましたが、このたび、「軍艦茉莉號」から「雪飴じゆとて!」に変更しました。

すきな詩人とは、右脚喪失の安西冬衛です。

片足切断の失意からくる倒錯だろうか、無気力な堕落感の中にもほのかに匂うスリリングな暴力性があって、その“かたち”は地獄でも天国でもなく、文学的な幻想に彩られた甘美なまでの迷宮性であり、波動であり、エロスであり、タナトスであって、なにもかもがわたし好みのポエジー(お伽話)でした。

そうしたお伽話にみなぎった力は負であろうがなかろうが、軽妙でチャカポコと地に足のついかない小洒落れた浮世とはまったく無縁なリアリティーが充満していて、些細な、たとえば脚の組みかえひとつにおいても高揚した美しい(あるいは爛れた)時間的推移があって、わたしをいつでも歓ばしてくれました。しかし、このたびの大震災と原発事故で、浮世の風向きや価値観は一八〇度変わってしまいました。

「東日本大震災」以来、さまざまなエッジで毎日詩を書いてきましたが、いまのじぶんを牽引してくれるのは安西冬衛の風じゃないなと思いました。



  あほくさい修羅

  おまえは通りすぎたね
  又三郎だろ
  しってるよ

  かぜとゆききの
  風の又三郎だろ
  たいへんだったね

  花巻から
  やくもたつげんぱつの
  あほくさい修羅をぬけて

  銀河鉄道からタンゴ鉄道へ
  裸足のまま乗りかえて
  ゆらの川辺の鬼の橋をわたり

  こんなところへまできてくれたんだね
  おまえひとりで
    (たんごぎゃらくしぃえくすぷれす)
  これからはどこへゆくのか

  にがにがしきなみだをふりはらい
  ここは丹後の
  ひとさらいの国だけど

  かぜにさちあれよ
  ひとにさちあれよ
  くににさちあれよ

  どっどど どどうど
  どどうど どどう
  鬼も泣いてる

        
2011.04.14 Thursday 平成無常論的エコロジカル詩集「TANGO」より



「雪飴じゆとて」とは宮沢賢治の詩「永訣の朝」のなかの「あめゆじゆとてちてけんじや(雨雪とってきて下さい)」から抜粋したものを「雪飴=アトリエ・スノードロップ」へと強引にかぶせました。「けんじや」とは方言で(〜して下さい)という意を作家の境忠一氏がご自身の著書「宮沢賢治の愛」のなかで賢治の自注からと述べられていましたが、「じゆとて」の「じゅ」については不明です。しかし、言葉のニュアンスからは「ギュッとつかんで」のような印象があります。また、スノードロップの花言葉は「逆境の中の希望」という意があります。つまるところ、当ブログのサブタイトル「雪飴じゆとて!」とは、「スノードロップの花(希望)はギュッとつかんで」となります。(手前味噌だべ〜ぇ!)

「あめゆじゆとてちてけんじや(雨雪とってきて下さい)」は賢治の妹とし子が臨終の床から兄の賢治にむかって嘆願した最後の言葉です。これによって、賢治はその雨雪をとるために病室をでてゆきますが、michihico み組 blogに「雪飴じゆとて!」と銘々した理由は、「希望はギュッと!」のような、そんな応援の風を、黒い雨で汚れてゆく、黒い風で汚れてゆくかけがいのない“我々の国土”へむかって、可憐で清らかな風をしっかと吹かせてみたかったからです。(フフッ! スノードロップの花言葉には「あなたの死を望みます」という隠された凶器が一つ秘そんでいます。可愛いばっかじゃないんですよ)

どっどど どどうど、どどうど どどう。

わたしの吹かす風なんぞ知れてますが、賢治の力を借りた応援の風はわたし自身のためであり、無論、金の亡者や権力者等のためではなく、賢者であられるあなた方のものです。


*Facebookをはじめました。





| 日々是好日 | 00:14 | comments(4) | trackbacks(1) | pookmark |
コメント
*pagevoiceさんへ;長年使用してきたブログ名の看板を「軍艦茉莉號」から「雪飴じゆとて!」に変更しましたが、そのお祝いにと、宮沢賢治の妹とし子が発する「あめゆじゆとてちてけんじや(雨雪とってきて下さい)」の詩「永訣の朝」をpagevoiceさんが朗読してプレゼントして下さいました。賢治の詩にご興味のある方はぜひ聴いてみて下さい。
http://peperoncino-s1.seesaa.net/article/109315079.html

とまあ、Facebookはわたしもよく解らないまま使ってますが、このようにしてアップすると小さくですがあなたの「永訣の朝」のサイトの写真やデータが一緒に自然アップされます。そこからあなたのサイトへ自由きままに人々が潜入できる仕掛けとなっています。よい出会いがあるといいんだけど!(笑
| み組 | 2011/06/09 1:12 PM |
Facebook に?
ちょっとてれるけど、うれしいです。
Facebookやってないので、中でどんなことが起きているのか、
覗き見できないのが残念。
コート・ダジュール..... 魅力的なひびき。
たくましく日焼けして帰ってくるのかな。
わたしはこれからアフリカ行ってきますね〜。
魂だけ。
| pagevoice | 2011/06/09 12:17 PM |
*pagevoiceさんへ;侘びた港町にある小さなお店、「軍艦茉莉號」の看板を「雪飴じゆとて」に架替えていまも営業していますが、新装開店にこのように大きな花輪のお祝いをプレゼントして下さっていたみ入ります。

生きるということには日々いろいろなことがありますよね。些細なきっかけでよりが戻ったり破断になったりと・・・でも、その人とはどこかで深くつながっているんだと、そう信じたいほどマヌケなことの多いバカげたご時世になってしまいました。まあそれはともかくも、いつもながらのよいお声ですよね。ぼくはあなたの声がとても好きなんです。

(あめゆぢゆとてちてけんじや)、鈴振りの呪文のように響く「永訣の朝」の朗読、なんどもなんども拝聴させていただきました。誠にありがとうございました。

Facebookに“大きな花輪”のURLを記載させてくださいよ。なお、虎之介には「軍艦茉莉號」の夜の用心棒をさせておりましたが、すこし日光浴させてあげたくて、赤い靴の女とコート・ダジュールへ旅立たせてやりました。帰国しましたならご挨拶させますのでそれまではご勘弁を!(なんせ、ならず者の出入りが多くてすいませんです。ハッ!)
| み組 | 2011/06/09 11:16 AM |
ブログタイトル変更記念のお祝いに、
手前味噌ですが「永訣の朝」の朗読をトラックバックにておくります。

この詩を読んだとき、一緒に仕事をしている兄との中がとても険悪になっていた時期で、針のむしろのような日々を過ごしていました。まさに修羅場でした。わたし自身も鬼のようになっていました。
かつての仲の良かった日々への懐古、それらの日々への決別、悲しみと憎しみでいっぱいになりながら、この詩を読んでいた記憶があります。
幸い震災後に再び折り合いがよくなりました。震災とは直接関係のない事がきっかけでしたが、今は穏やかさと緊張感のあやうい均衡の中にいます。

いつもよりどころにしている作家とか作品とか、って何かしらあるものですが、震災後に、これは違う、と感じられたのですね。
それも一時的な決別ですよね。
そういう距離感に、出来る限り敏感でいたいものだとわたしも思います。

ところでとらのすけさんはお元気ぃ〜?

| pagevoice | 2011/06/09 8:31 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.michihico.com/trackback/1018195
トラックバック
宮沢賢治 「永訣の朝」
  eiketsu.mp3 テキスト: 青空文庫 BGM:クラシック名曲サウンドライブラリー 2011.6.9 追記 : 佐藤三千彦さま アトリエ スノードロップ の開設おめでとうございます http://blog.michihico.com/?eid=1018195
| Page Voice | 2011/06/09 8:10 AM |