CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
ギリシャ悲劇的ジュビナイル・ロマン「空白ノ王国」 Vol_005

ギリシャ悲劇的ジュビナイル・ロマン
Icon_狼の太陽
poem_アポロン・リュカイオス




  「アポロン・リュカイオス」

その捕囚の王女はよくあたる予言をつぶやくことができた。けれども誰ひとりとしてそれを信じなかった。
-----恋多き青年美神アポロンは永遠の若さと不死を誇るがゆえに傲慢であり、冷酷であった。腕には金色のマジックで時計の絵が描いてあって、針は三時のおやつで止まっていた。そのおやつの時間であらゆる少女を誘ったが、恋はなにひとつ実らなかった。
ある日のこと、王女は頭がよかったので特別に美味しいおやつだけを失敬して美神に背をむけた。怒って分裂した美神は自分のおやつを食べている王女の口のなかへ唾を吐いた。以来、アポロンがとらえた視線のすべてを語ることができたが、呪の唾液で濡れてしまったおやつのせいで未来のことを予知しても、誰も信じなかった。王女はしかなし、未来永劫その悲しみを自身の法則でもって受けいれた。
さて、無用の戦利品になったゴミ屑といっしょに異国の地の谷の上から突き落とされて、落下しつづけているトロイアの王女カッサンドラは三千二百年もの瞬間を幾重にもつむぎあわせ、この瞬間をいま生きている。そして警告する。「恐れよ、恐れよ。太陽神は狼の姿をしていて、狼はねずみ族にとり囲まれながら座っていた。船を出航させてはならない!」と小鳥に声をたくして囁く。けれども、たぶん、だれも信じないだろう。






| ギリシャ悲劇的ロマン | 17:02 | comments(0) | - | pookmark |
ギリシャ悲劇的ジュビナイル・ロマン「空白ノ王国」 Vol_004

ギリシャ悲劇的ジュビナイル・ロマン
Icon_降りてくる手(部分)
606×455mm 2020
acryl gouache
poem_ミミズ




  「ミミズ」

雨はあっという間に降りやんで、濡れたアスファルトが強い光に炙られていた。そんなアスファルトの上に身を横たえて、一匹のミミズが眼のない眼ン玉をひどく回転させながら赤むくれている。ミミズは蟻に狙われて、金蠅に狙われて、ぎらぎらした全裸をくねらせ、もんどりうってねじくれていた。もう二度と穴蔵へはもどれないだろう。

それはそうと寒い大地に根ざして生きてきた人々が、夜汽車に乗って東京へ出てきた時代があった。キューポラの街や歓楽街でうまくいった人もいただろうが、そうでない人々が随分いたころの話である。迷宮のラビリンス------美しい星座の名のような大都会へひれふして、傷つき、みだれ、ひねくれ、雪ん子たちが待っている雪国へ帰りたくっても帰れない彼ら。-----彼らは〈絶望〉という名のマボロシ駅にたむろして、夜ごと北の暗さへ消えてゆく夜汽車の甘やかな咆哮に立ち合うごと、噫吁!と、まぶたを濡らさずにはおれなかった。









| ギリシャ悲劇的ロマン | 11:03 | comments(0) | - | pookmark |
ギリシャ悲劇的ジュビナイル・ロマン「空白ノ王国」 Vol_003
「始祖鳥の子どもたち」はすでにアップしましたが、気が進まず没にした「降りてくる手」の絵を利用して、再度アップしました。尚、タイトルの「……ジュビナイル・イコン(イメージ)」は「…………・ロマン(物語)」に変更します。

ギリシャ悲劇的ジュビナイル・ロマン Vol_003
Icon_降りてくる手
606×455mm 2020
acryl gouache
poem_始祖鳥の子どもたち




  「始祖鳥の子どもたち」

天空の朝明けから、かぼそい骨を持った翼あるものが「ちきちきちき ちきちきちき」と啼きながら降りてくる。だれを呼んでいるのだろうか、ぼくは死んではいないのに・・・と独りごちってみた。するといきなり、影が鳩尾を通り過ぎ、横隔膜を通り過ぎていった。わたしは少女ではなかったが、その日以来、そらまめのような形をした卵がふくれあがっていった。けれども、孵化はしなかった。ただ、水溜りやぬかるみを渡るとき、ふぁッと浮きあがることがある。そんな日はきまって良い息抜きができていて、新しい太古への旅立ちが待っている日であった。


未完・没「降りてくる手(部分)」






| ギリシャ悲劇的ロマン | 10:01 | comments(0) | - | pookmark |
ギリシャ悲劇的ジュビナイル・ロマン「空白ノ王国」 Vol_002

ギリシャ悲劇的ジュビナイル・ロマン
Icon_降りてくる手(部分)
606×455mm 2020
acryl gouache
poem_あぶく玉



   「あぶく玉」

静かな水面に突然、あぶく玉がポカっと浮かんだ。えてして沼地や水田に多いが、いずれもメタン菌が放出するガス状の球体である。そんなあてどない球体を武蔵野崖線の沼地でぼんやり待っていると、右へ左へ息苦しそうに喘ぎつつ、銀色に光ったあぶく玉がゆらゆらと立ちのぼってきた。ガス玉はいよいよ膨れあがって出現して、鈍器かなにかで殴られたような音を発し、またもやポカっと割れ、青じろい痼(しこ)りだけを残しながらどこかへ消えていった。

他愛ないものにもあるだろう物語を思うとき、私は果てのない淋しさに突き落とされてゆく。

道で会った男を殺し、村で女と交わったがそれらは父母であった。とか、威張りくさった神々の生贄に愛娘を捧げてしまった男がその妻に殺され、あとに残った子どもたちがその母を殺す・・・ これはギリシア悲劇だが、三千二百年も前から、いま、そこで、ゆらゆらと立ちつくしながら壊れかかっている人影の、脆くも危なっかしい不確実性が原因であった。








| ギリシャ悲劇的ロマン | 16:34 | comments(0) | - | pookmark |
ギリシャ悲劇的ジュビナイル・ロマン 「空白ノ王国」 Vol;001



長雨の侯、美しい日本の四季は狂いだし、各地で災害が生じて、この国はいまや疲弊しています。しかし、それにも加え、地球規模で蔓延する昨今のコロナウイルスによる感染病の行末は、いまだ不透明なままです。息苦しいマスクのせいばかりではなく、胸が塞がる思いです。経済・重税・インフレ・災害・疫病・経済戦争あるいは戦争と、潜在する不安ばかりが広がります。

さて、この度「ギリシャ悲劇的ジュビナイル・イコン」と称するライフワークを始めました。見て戴ければと思い、H.P.に掲載しました。普段は寺男をしておりますので次回の通信がいつになるかは分かりませんが、第一回目は「降りてくる手」という絵に「始祖鳥の子どもたち」という詩でもって制作しました。尚、初回ですので「口上」らしきものを添えました。

             *  *  *

   「口 上」

遥かむかしのことを知る術はないが、紀元前1200年前トロイア王国が灰塵と化したその日、老いた王女へカベは人減らしをもくろんだオリンポスの神々や、トロイア侵略戦争を仕掛けたギリシャ人にむかって有罪判決を叩きつけるがごとき呪詛を吐く言葉が、今の私には身に沁みてならない。「その果てに、おまえたちは死に絶えるのだ、一人残らず。神々さえも」と嘆く。勝ち誇ったギリシャ軍の男たちで無事に祖国へ帰れたものは稀で、帰ったとしても悲惨な死が待っているだけだった。
けれども陥落前夜に父を背負ってただ一人城をぬけだしたトロイア側の王子アイネイアスは生きのびて、ローマ建国の祖となった。その間に多神は滅びつつ、旧約聖書は完成する。旧約聖書の完成から400年後には、イエス・キリストが降誕し、奇しくもその降誕の27年前、古代ローマはローマ帝国へと成立した。

私はこの一千年もの間を「空白ノ王国」と呼んで楽しんでいるが、渾沌としていたであろう時空を、ギリシャ軍の総帥アガメムノン大王の息子オレステスにつきまとっていた復讐女神の化身〈虻〉の狂気とつきあいながらも、今日の閉塞感ある街をデタラメに歩いてみたい。



ギリシャ悲劇的ジュビナイル・ロマン
Icon_降りてくる手(部分)
606×455mm 2020
acryl gouache
poem_始祖鳥の子どもたち



   「始祖鳥の子どもたち」

天空の朝明けから、かぼそい骨を持った翼あるものが「ちきちきちき ちきちきちき」と啼きながら降りてくる。だれを呼んでいるのだろうか、ぼくは死んではいないのに・・・と独りごちってみた。するといきなり、影が鳩尾を通り過ぎ、横隔膜を通り過ぎていった。わたしは少女ではなかったが、その日以来、そらまめのような形をした卵がふくれあがっていった。けれども、孵化はしなかった。ただ、水溜りやぬかるみを渡るとき、ふぁッと浮きあがることがある。そんな日はきまって良い息抜きができていて、新しい太古への旅立ちが待っている日であった。



*「ベアト・アンジェリコの翼あるものと受胎告知」.....関連記事です。
      http://blog.michihico.com/?eid=1018684





| ギリシャ悲劇的ロマン | 12:31 | comments(0) | - | pookmark |
| 1/1PAGES |