CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
雪なだれる隕石のごとし花の公達


国立能楽堂が発刊する6月公演プログラムの巻頭に『雪なだれる隕石のごとし花の公達』と言うエッセーを掲載して戴きました。千駄ヶ谷にある能楽堂へ行かれたら是非手にとってみて下さい。


http://www.michihico.com/new_tango/z_new_illust/i_illustration.html


ご興味のあるかたはHPで読めます。^_^






| インフォメーション | 22:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Sweet JAMでの『山頭火さん』展 第二弾


神田駿河台にある「 Sweet JAM /A&A本社ビル」にて、へたうまな書と画による第二弾『山頭火さん』展を開催しています。営業時間12:00〜17:30、定休日は土日・祝祭日です。お時間などくれぐれもお気をつけ下さい。お近くにおいでの折などお立ち寄りいただければ幸いです。(企画/ artforest )

  会期:2018年3月13日(火)〜 3月30日(金)迄

  http://www.aanda.co.jp/SweetJAM/index.html

東京都千代田区神田駿河台2-3-15 エーアンドエー駿河台ビル1F










| インフォメーション | 10:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
砂の女/『わたしの1冊、あなたへの1冊』展


過日、紹介させていただきましたピンポイントギャラリー(南青山)での『わたしの1冊、あなたへの1冊』100人展の出展作品(安部公房『砂の女』)です。文庫サイズです。タイトルは、あえて袖の中へ隠しました。包み込んで装幀すれば、わずかに妖しく垣間みれます。中面は好きな箇所を、あちこち書き散らしました。大勢の作家さんたちとご一緒します。ついでの折にでも見ていただければ嬉しいです。

     会期2018年2月19日(月)〜3月3日(土)
     11:00~19:00土曜日は17:00 日曜休みです


  http://www.pinpointgallery.com/cn9/cn181/index.html


安部公房の『砂の女』と、ド・サン=テグジュペリの『星の王子さま』はいつも仲良く本箱で肩を並べています。











| インフォメーション | 12:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
砂の女/The Woman in the Dunes
 

遅ればせの書き初めです。“べんけいの眉文字”です。

ピンポイントギャラリー(南青山)で開催される30周年展『わたしの1冊、あなたへの1冊』100人展のためのものです。ぼくは安部公房「砂の女」の装幀・挿画にて展示する予定です。映画のタイトル文字はあの勅使河原宏さん直々の揮毫でしたからビビリましたが、そのままじゃつまらないので挑戦してみました。会期は2月19日〜3月3日ですが、またあらためて告知させていただきます。まずは予告編です。


    





| インフォメーション | 16:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Sweet JAMでの『山頭火さん』展


旧作ですが、この度ご縁あって神田駿河台にある「 Sweet JAM /A&A本社ビル」にて画・書による『山頭火さん』展を開催しています。「 Sweet JAM 」のA & AはVectorworks ( 旧 Mini CAD )や英語版のソフトウエアに日本語入力を可能にさせた会社です。A & A本社ビル1階 Cafe「 Sweet JAM 」が会場です。企画は「 artforest 」さんです。


   会期:1月16日(火)〜2月2日(金)迄
   http://www.aanda.co.jp/SweetJAM/index.html


お近くにおいでの折やちょっとした散歩の途中に立ち寄っていただければ幸いです。飲み物はすべて300円です。^_^ 尚、営業時間は12:00〜17:30で定休日は土日、祝祭日です。ほっとできる空間だと思います。





| インフォメーション | 21:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
NHKてれび絵本/化け物使い




ボクは知らなかったけど、ボクの作品『化け物使い』(NHKてれび絵本・えほん寄席)がEテレで流れたとか! 朝から嬉しい便りをいろんな方から頂戴しました。感謝です。ありがとうございました。^_^


  落語/橘家圓太郎
  絵/佐藤三千彦
  アニメーション作成/彦すけあ


https://hh.pid.nhk.or.jp/pidh07/ProgramIntro/Show.do?pkey=001-20180119-31-10272





| インフォメーション | 21:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
タンバリンギャラリー 2017展


以前に川村記念美術館で見たコーネルの「海ホテル(砂の泉)」や「鳥たちの天空航法」がわたしを浸食していたことを最近になって自覚した。流動する砂の表面のように変化しつづけるわたしの作品。けれども、その本質の一粒はなにも変わることなく、むしろ、試された形骸にしがみつきながらトレースすることよりも、断片を好んでいたことを・・・ 来年からは肩の力をもっと抜いて、絵日記のようなものが描けたらいいなと願っています。

さて、今年さいごの絵かも知れませんが、タンバリンギャラリーの「FANTASTIC DAYS 2017」グループ展に参加します。


      http://tambourin-gallery.com/tg/exhibition/


20Cm∅のタンバリンに「夜間飛行」というタイトルで出品します。期間は2017/12/12(火)〜12/22(金) 時間11:00〜19:00(12/18・月休廊)です。97人による共演・響宴です。よろしければ、見て下さいく。





| インフォメーション | 12:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アルゼンチンタンゴ・ダンス 発表会




大矢英一郎先生が主催されるTANGOダンス発表会のチラシ& ポスターのお手伝いをさせていただきました。生徒さんはじめ、プロデモは英一郎 & マナ先生はじめ、高志 & めぐみ先生ほか大勢の先生方が参加されます。また、今年の休憩タイムはミロンガをご用意していますので、みなさまお気軽に踊っていただければ幸いです。



スペシャルデモ

Aco&Mariko 
Takashi&Megumi 
Tsuruyo&Hide 
Kenji&Liliana 
Sae&Juan Carlos 
Miki Nishikawa&Gonzaro Pratti
Toki 
びーちん(Hip Hop) 
Eiichiro&Mana 



---------

2017年12月24日(日)

東京芸術センター天空劇場

お問い合わせ;ソログリスタンゴカンパニー 大矢英一郎

mireitango@nifty.com
Tel
080-5009-4054

---------





| インフォメーション | 12:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ザンパノとジェルソミーナ


今年もピンポイントギャラリーのグループ展に参加させていただきます。テーマは「シネマ」です。

わたしはフェデリコ・フェリーニ監督の『道』を描きましたが、ジェルソミーナは浮世の事にとんちゃくしない無垢な人魚のようです。また、獣のような男ザンパノがラストで流す涙はたまりません。鳥のような男イル・マットも大好き。映画『道』は、海と空と大地との婚礼譚です?!^_^

今から搬入ですが、会期中は大勢のイラストレーターがそれぞれご自慢のシネマで競演します。おついであれば見て下さい。



https://www.youtube.com/watch?v=Mc3y7hLuKpc





2017年2月20日(月)〜3月11日(土)
http://www.pinpointgallery.com/cn9/cn121/cn125/pg1853.html






| インフォメーション | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
世界の静かな中心であれ Vol;002


オロチの剣よりもすぐれた十握剣(とつかのつるぎ)を十指の爪へ秘めた白鳥皇子タケルの生まれかわり・・・白あざみ・・・。少年るろう王の心臓は、まるであの日の大災害にぽつんと残った鎮守の森のどんぐりのように、荒れはてた現代の曠野にあって、今日も、いまだ、波打っている。世界の静かな中心であれ、と。

はたして、通信事業の反映はほんとうに幸せであろうか。

かつて照日の天つ神が八百万である山川の神々を一掃したように、なにかがうち滅ぼされていくようでならない。

綺羅としたエレキの光にひかれゆく蛾々の気持ちがわからないでもないが、なにごともボタンひとつで管理できる社会が既にそこまでやってきている。しかし、遠くは太古のエッジから現代へと辷りおちてきた「少年るろう王白あざみ」は、映画『シザーハンズ』のエドワードのごとく自身の身体を十握剣でズタズタに自傷しつづけながらも、眼には見えない神の家々を尋ね歩く。

ジャメ・ヴュ = jamais vu(未視感)! それがなんになるか解らないが・・・
 

          2017_01_14 制作ノート「ちんじゅの森の水鏡」より






| インフォメーション | 11:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/10PAGES | >>