CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
死ぬにはいい日だつた




かわいい姫リンゴ

樹の下で
ドクダミ草のドラゴンと
格闘してきました

----七月みそひと

獅子座のドマンナか
今日は
死ぬにはいい日だった






| 日々是好日 | 16:55 | comments(0) | - | pookmark |
風散布されるカロリナポプラの綿毛たち
この季節、都立赤塚公園のカロリナポプラの種子が風にとばされて舞いはじめました。その枝を拾ってコップに挿して飾っておいたら、二日後、早朝には気づきませんでしたが、寺男の真似事をしてきて昼に帰宅したらビックリ、雲のように瀧のように離々と綿毛が透けていました。じつに美しいですが、人の気配がしただけでフワフワと飛び回ります。しかたなし、瓶にそっと閉じこめました。


2020_5_25/19;00_____________
夜の散歩で見つけたカロリナポプラ



2020_5_26/06;15_____________
朝の散歩で見つけたカロリナポプラ



2020_5_26/10;30_____________
コップに挿しておいたカロリナポプラ



2020_5_28/12;30_____________
雲のような、瀧のようなカロリナポプラ



2020_5_28/14;00_____________
瓶に閉じこめたカロリナポプラ。




         *    *    *


今日の朝にUPしたカロリナポプラと同様のものですが、この丸瓶には昨年のポプラが入っています。うす茶色のほとんどがそのポプラです。ななめの太い枝やキミドリ色のつぶつぶの実は今年になって拾った新しいカロリナポプラです。なかよく一緒に入っています。




こちらの写真はもう一方の丸瓶と同じものですが、朝の光や場所の関係でキラキラと真っ白に輝いています。けれども、それは今年に拾った新しいつぶつぶの実が瓶の中で開いたばかりでありますから、やはりそれなりに真っ白く輝いています。けれども来年になれば、これもまた歳老いて茶色くなっていくのでしょうね。




2020_5_26/10;30_____________
風散布されてゆく綿毛たち


以上、すべて都立赤塚公園内で拾ったカロリナポプラの観察日記







| 日々是好日 | 16:33 | comments(0) | - | pookmark |
花よ、コロナウイルスを祓い清めたまえ!


コロナウイルスの感染拡大による危機的状況の見通しが立たないままですが、世界が平和であって、この状態が一日もはやく完全に終わることを願うばかりです。

うちに来て三度目の春、牡丹はそれを知ってか知らずかまた無事に咲いてくれました。








| 日々是好日 | 19:25 | comments(0) | - | pookmark |
自在西行 Vol; 002
『 Bon voyage!』
      …西行の影が「よい旅を!」とボクに叫んだ。




   詞 書
鳥羽法皇が崩御されたことにより、摂関家の内紛をはじめ、皇位継承権をめぐり崇徳上皇方と後白河天皇方が対立した政変「保元の乱(1156)」をはじめ、その後の「平治の乱(1160)」によって台頭した平清盛・・・。だが、栄華を誇った伊勢平家も河内源氏によって「壇ノ浦の合戦(1185)」で滅亡する。以後、「源平二氏交代」の思想が永々とつづくが、なにも源平にかぎったことでなく、欲のからんだ無益な戦争による修羅地獄の絵すがたは枚挙にいとまがない。人は突然に知るーー 平家一門を破った源義経も、兄の頼朝に追われ奥州平泉へ落ちのびざるを得なかった。奥州の藤原家は西行(佐藤家)とおなじ家系にあたるが、その地で果てた義経の死後、平泉文化は頼朝によってこれも灰燼と化す。西行は、それら一部始終をはっきりと見た人であった。

西行はもともと、院の御所を護る誇り高き「北面の衛士」であったが、天災地変や戦乱の時代を人間の叡智と動物的な勘によっていち早く洞察し、恵まれた環境を捨て、歌による理(すじみち)に生きようとしたのであった。その西行の分身である影がボクに叫ぶ。

「リトルボーイといふ原子爆弾の一撃で、美しい我国があらぬ様になりはてたことを、愚かなる戦争によつて同朋たちが虐殺されたことを、君は知るかひ・・・!?」あとには渇いた沈黙だけが残った。なるほど、遠い過去の影であっても、いまも哀れげに振動しつづけているのだと。噫、よき影のパルスよ、ありがとう。


 かかる世に 影もかはらず 澄む月を 見るわが身さへ 恨めしきかな 
                               … 西行


  「影」

歴史の中に 置きざりされた
影は孤独 影法師
時を失くした うつせみなのだ
神無月夜の なごり花
じっと動けず あはれなり

うぬぼれもなく 地位もなく
美しく 死んではいるが
殻にパルスが ただようならば
どこにでも ぼくはいる 
永遠(とわ)に 影は死なない

からっぽの 影法師
パルスがあれば 影は死なない
              

蛇足;東日本大震災の後、日本図書設計家協会による「反原発ポスター展」に出展したわたしのポスター「!らなよさつぱんげ=げんぱつさよなら!」です。見つけかたが下手なのか、なぜだか「反原発ポスター展」のデータ情報がみな削除されているのが気がかりだ。けど、野暮は、まぁ、いいか。



                *


亡き愛犬「琥珀」によく似た影をみつけました。散歩の途中でいつも可愛かわいしてあげています。^_^




バルバラが唄う「黒い鷲」ではなく、これはバラバラになった小鳥の亡骸です。






| 日々是好日 | 13:51 | comments(0) | - | pookmark |
自在西行 Vol; 001


眼は術後、いまだ不安定で思わぬ変化に驚いたり不安になったりしておりますが、別の意味で、あきらめと言うか開き直りのようなものがでてきました。歳のせいもあるのでしょうが・・・ 好き嫌いが激しく、四角や三角だった猛々しいものも、いつしかすっかり丸くなってしまいました。

パソコンを覗くことよりも近くの野山を歩いたり植物園をぶらつくことが多くなり、生きとし生けるものたちの営みを目薬片手にじっくりと眺めているうち、しらぬまに矯正されてしまったようでなりません。

昆虫は蜜をもとめる花めぐりに一生懸命ですし、花は光にむかって伸びていて、月はたとえ土足のまま侵されても死と再生のリズムを規則正しく刻んでいます。そんな生きとし生けるものや月の気も知らないで、宇宙防衛軍だのピコピコする妙な機械の数字合わせが幅をきかせる昨今、人間だけが余計なことばかりしているようでなりません。そろそろ“空になる心”にあこがれて、佐藤兵衛尉義清(西行)へのりうつってみたくなりました。北面の衛士であった西行の「あわれ=あっぱれ」な動線を視点がまだ定まらないままに辿ろうと思います。が、もとより、眼鏡はまだ新調しておらず、絵のための支持体は水張りしたまま放ったらかしです。詩などは携帯アプリのボイスメモへちょこちょこ記録しながら楽しんでますが、丸くなったであろうほんとうの意は根気がなくなったことかも知れません。まぁッ、良く言えば“空になる心”へ一歩深まったのでしょう。ともあれ、私流『自在西行』はみだりに急がずコツコツとやってゆくつもりです。FBではみなさんにご無礼したままですが、懲りずに今後ともよろしくお願い申します。佐藤 拝


「いきとしいけるものたちと『自在西行』ものがたり」これは古い作品(奥津城にて)ですが、「自在西行」に当たらずとも遠からずな図柄でしたので添えてみました。


  散る花の唄

ふじはらの名も 
父の名も
北のもののふの名も わすれ
みな忘るなあん

おしえておくれ
吾はたれ
いっさいがっさい月 鏡   
濃くあれよなあん    
             
鳥けだものと
西へ行く
ふかくとどろけ此の いのち
散る花ぞなあん




むかし『墓地裏の花屋』という本を読んだことがありますが、それによく似た場所でみつけた死者たちへの花々です。




琥珀(亡き犬)くんの胡蝶蘭は一輪目・二輪目とおなじく三輪目もぴったり九日間で咲いてくれました。四輪目は陽気もよくなったからでしょうか、五日間で咲きました。あとの蕾も楽しみです。









| 日々是好日 | 10:25 | comments(0) | - | pookmark |
胡蝶蘭、咲いたよ






奇跡! などと言うとおバカな奴と思われるでしょうが、^_^ 琥珀(犬)の命日に一輪咲いて、九日後の今日、税務署から戻ってきたらまた一輪咲いていました。

立春の今日は彼の誕生日!! 

なんだか嬉しい気持ちでいっぱいです。(昼寝しているのは在りし日の琥珀ぼんち)






| 日々是好日 | 17:03 | comments(0) | - | pookmark |
胡蝶蘭は、また咲きました




令和元年の一月二十六日、飼犬の琥珀が亡くなったときに戴いた胡蝶蘭が、命日の夜中に咲いてくれました。三度目の開花! 命日はいまだ蕾でしたが、朝起きたら咲いていました。夜のうちに遊びに来てくれたのでしょう・・・16歳を前にして亡くなりましたが、二月四日の誕生日まで咲きつづけながら、その穴埋めを几帳面にまっとうをするつもりなのでしょうか!?

段ボールのボロ家は、彼のための粗末な温室用のハウスです。














| 日々是好日 | 10:27 | comments(0) | - | pookmark |
奈良『風の森』、笊籬採り



今年もソログリスタンゴカンパニーの公演が無事終了して、以前、大矢先生に誘っていただいた懐石料理の店『明日香』へ、今年もまた誘っていただきました。茶室のような小間にて、「さて、どこのお酒を飲もうか……」となりましたが、奈良の『春鹿』をおもいだし、奈良のお酒を選びました。笊籬採り(いかきとり)という珍しいお酒『風の森』です。まろやかなのど超しがまるで森をぬける風のごとく弾んで、すこし甘酸っぱい余韻を口中へ残しながら、旨みの“風”はつぎつぎと去ってゆく。そのことが愉快で、ついつい、ぐびぐびとやっていたら、すっかり酔っぱらってしまった。なんだか美味な一皿を食べそこなったような、今朝もそのことが意地きたなく気になってしょうがない。いやいや、三皿だったかも知れないな…… 箸の並びもだらしなく ^_^





| 日々是好日 | 12:16 | comments(0) | - | pookmark |
G A I A c o r a z ó n



 「夜行列車」

はらぐろい人よ
せいれんな人よ
とんちゃくなしに星は輝く
月は口をあけて笑う



>>>ちょっと大袈裟ですが、左眼でみた月と木星はまだこんな感じです。^_^
いまだ皆さんから戴いたのお見舞いの言葉にきちんとこたえられないまま過ごしていますが、お許し戴ければ幸いです。






| 日々是好日 | 20:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
白内障手術(IFIS)



ベランダの胡蝶蘭が二輪ぱっちり咲いてくれた翌日の12日に左眼の手術をしました。そして19日には右眼でした。
白内障の手術ですが、巷では“簡単”という噂です。しかし、なんにでも個人差があります。わたしの場合、黒目にあたる左眼の虹彩に支障があって、瞳(瞳孔)が十分に開きつづけてくれないため、かなり高度な手術となりました。右眼はそれほどでもありません。結果、無事終了しましたがいまだ一喜一憂、はっきりとよく見える日があったり、ぼんやりしたりの日々です。角膜保護の目薬のせいもありますが、これまでの眼鏡がどれも合わず、大きな天眼鏡で済ませています。

一部の方々には大変ご心配おかけしましたが、いまは眼の保養をかねながら近くの植物園や野山をぶらぶらと徘徊しています。詳しくは後日またご報告させていただければ幸いです。






| 日々是好日 | 11:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/42PAGES | >>