CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
天上の鳥



先日の雨で、虫が羽化したのだろうか……
たくさんのツバメたちが鎌のかたちをした翼をひろげながら、飛来する。
すっきりとした青い光のなかで、嬉々としながら。

けれども、一羽は北方へ向かっていた。






| 日々是好日 | 22:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
水の中のわたしのじぶん自身


雨の日は体内の水分とその雨がいつのまにか溶け入ってしまい、「わたしのじぶん」が、まるで水先案内のように先を流れつづけて行きます。

それに遅れないていどの速さでもって、私は「わたしのじぶん」自身についてゆくことが好きなんです。





紫陽花の咲く小径





森のシンフォニー





コウゾの甘い実





地元の高校生等がつくったそだ柵(小さな生き物の棲家となる)*茶色の部分







| 日々是好日 | 21:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
楊梅(やまもも)の熟れる頃



公園のやまももは、今年も豊作です。
赤い実はあま酸っぱくって、黒い実は甘いです。
食べると
いつも宮尾登美子をおもいだします。






| 日々是好日 | 22:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
エッセンシャル・ボックス



右の白いボックスが、ぼくのほんとうのコンピューターです。
ティーチングマシン社特性の、試作品第一号「エッセンシャル・ボックス」です。

この商品のセールス・ポイントは「写るんです!」じゃなくて、「かんじんなことは、目にはみえないのです」よ。

エンブレムは食べ残しの林檎ではなく、三匹のお洒落な金羊毛が眠っている、唯一無二なデザインです。









| 日々是好日 | 13:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
みちのくの初桜、啓翁桜


暮れにいただいた啓翁桜、姫桜のように華奢な花を咲かせますが、葉桜としてぐんぐん育っています。その生命力にあやかって、旅の駄賃にそっと箱のなかへ入れてあげたり、今日も琥珀のそばにへ置いてあげました。




| 日々是好日 | 09:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
SWORDFISHTROMBONES_TOM WAITS


啓翁桜は 無事! ほぼ満開です

無事といえば 今年も深川不動尊の加持祈祷を受けました
大太鼓の振動は身体の その内蔵の空洞を貫いて
法具の堅い金属音が3%しか覚醒していない私の魂を揺り起こす
火焔が輝き 声明の響くその儀式に巡りあうたび なぜか私は 
TOM_WAITSのアルバム『SWORDFISHTROMBONES』を思いだす

そしてTOMの言葉「気をつけろよ、そして正直でいろ」というダミ声が私の身体を穿ってゆく
今年のみくじ「状況は常に猫の眼の如、油断大敵」がそんなことを映しだす


   https://www.youtube.com/watch?v=0XLdxxJEB80






| 日々是好日 | 11:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2 0 1 9/謹賀新年


新年あけましておめでとうございます。
二〇十九年、みなさまのご多幸をお祈り申し上げます。

昨年より『僕のイリアス・オデュッセイア詩画/ないない王とトロイアの女たち』をのらりくらりと形作ってきましたが、今年はこれをもう少し具体的に進めてゆくつもりです。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。^_^

2 0 1 9 佐藤三千彦






| 日々是好日 | 10:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
みちのくの初桜、啓翁桜


師走の寒い朝、いつもお世話になっている方から春を先取りしてくれる啓翁桜をいただきました。

お世話になっている方々から逆にいつも頂戴するばかりで、たいしたお返しもできないままです。出世払いもこの歳になるともう詐欺ですが、心根はいつもそのような気持ちで精進しています。このたびの方もこれまでの方々も心より御礼もうし上げます。





| 日々是好日 | 10:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
YOUNG APHRODITES/春のめざめ


演劇部だったころ部長の Iと映画研究部を立ち上げて部費を稼いだ。
やがてミイラ採りがミイラになるがごとく、他校の学生らと組んで映画ばかり撮っていた。
ゴダール風が多かったかもしれないが、そのころ、ぼくはギリシャ映画『YOUNG APHRODITES』が大好きだった。

あるとき役者をやるはめとなりScene13を撮ったが、その後、ぼくはスキーをしに冬山へ行った。
天気は上々、楽しかったが、帰ってくるとScene13の撮り直しとなった。

毛布の中へ入っていく男、(もだえる女)、毛布から出てくる男。
普通だった男が毛布から出てくると陽に焼けたメガネザルで、再撮影は春先となった。

       *  *  *

下記は、邦題〈春のめざめ〉へ寄せた谷川俊太郎氏の詩です。

愛ということばが生まれようとしている
クローエの息のなかから

心と体がわかれようとしている
クローエの乳房のしたで

海辺の村の愛のあけぼの・・・
その潮騒はいまにつづいて

少女のなかに今日も二羽の鳥がいる
殺された鳥と 放たれた鳥と


https://www.youtube.com/watch?v=wmk3RBOSXX4

ギリシャ映画「Young Aphrodites」のテーマソングです。
ジョン・マルコポウロス作曲のフルートにいかれてました。






| 日々是好日 | 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Manos Hadjidakis


学生だったとき友人とともにギリシャ大使館へ行ってわけてもらったマノス・ハジダキスのLP。カセットにはとっておいたけど、LPはいつのまにか行方不明・・・けど、こうして聞けることがありがたい。


https://www.youtube.com/watch?v=gKJCF8eqX3w





| 日々是好日 | 09:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/41PAGES | >>