CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
少年るろう王「白あざみ、断章」Vol;005


世界の静かなド真中にて      
少年るろう王「白あざみ、断章」Vol;002



  白い花

孤独な部屋には白い花がにあう時代がありました
紙きれのようにさみしくっても
うとうととどことなく崇高な孤独にたえて
もやもやした夢をたべながら眠っていられた

ところが だだ・・・だ

のいずばかりがばかみたいに多いたいらなる時代
うそっぱちでちぐはぐで
悪事をはたらいても恥じることを知らぬがらくたに
くいつぶされていく孤独がだれる

なんとも だだ・・・だ

白い花はどこへ飛んでいったのだろうか
あの孤独はもうどこへ飛んでいったのだろうか
おい! つばを吐け
森の奥深くへ つばを吐いてみせろよ






| 花鳥風月虹の詩歌 | 10:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
世界の静かな中心であれ Vol;003


世界の静かなド真中にて      
少年るろう王「白あざみ、断章」Vol;001



光がくいつぶされ
たとえなにもない人生であっても
世界のしずかなド真中にて
自然は調和したがっているのだから
そのことを知れば
こころはやすらいできて
ぼくは しあわせ






| 花鳥風月虹の詩歌 | 11:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
三つのタンゴ


世の中はメールでの打合せが当たり前となり、もっとも重要であった人となりとの繫がりが希薄になって久しいころ、李禹煥の『出会いを求めて』じゃないが、「リアルを求めて・・・」と頭をひねったとき、私はアルゼンチンタンゴと出会った。

そしてその“リアル”は間違っていなかった。



■VALSZ TANGO (ワルツ)
http://www.youtube.com/watch?v=wgsgS614gOM


■TANGO
https://www.youtube.com/watch?v=TG5F4rt2Ol4&list=RDTG5F4rt2Ol4&index=1


■MILONGA
https://www.youtube.com/watch?v=YDiyjNGsdnA






| 日々是好日 | 12:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ザンパノとジェルソミーナ


今年もピンポイントギャラリーのグループ展に参加させていただきます。テーマは「シネマ」です。

わたしはフェデリコ・フェリーニ監督の『道』を描きましたが、ジェルソミーナは浮世の事にとんちゃくしない無垢な人魚のようです。また、獣のような男ザンパノがラストで流す涙はたまりません。鳥のような男イル・マットも大好き。映画『道』は、海と空と大地との婚礼譚です?!^_^

今から搬入ですが、会期中は大勢のイラストレーターがそれぞれご自慢のシネマで競演します。おついであれば見て下さい。


2017年2月20日(月)〜3月11日(土)
http://www.pinpointgallery.com/cn9/cn121/cn125/pg1853.html






| インフォメーション | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
世界の静かな中心であれ Vol;002


オロチの剣よりもすぐれた十握剣(とつかのつるぎ)を十指の爪へ秘めた白鳥皇子タケルの生まれかわり・・・白あざみ・・・。少年るろう王の心臓は、まるであの日の大災害にぽつんと残った鎮守の森のどんぐりのように、荒れはてた現代の曠野にあって、今日も、いまだ、波打っている。世界の静かな中心であれ、と。

はたして、通信事業の反映はほんとうに幸せであろうか。

かつて照日の天つ神が八百万である山川の神々を一掃したように、なにかがうち滅ぼされていくようでならない。

綺羅としたエレキの光にひかれゆく蛾々の気持ちがわからないでもないが、なにごともボタンひとつで管理できる社会が既にそこまでやってきている。しかし、遠くは太古のエッジから現代へと辷りおちてきた「少年るろう王白あざみ」は、映画『シザーハンズ』のエドワードのごとく自身の身体を十握剣でズタズタに自傷しつづけながらも、眼には見えない神の家々を尋ね歩く。

ジャメ・ヴュ = jamais vu(未視感)! それがなんになるか解らないが・・・
 

          2017_01_14 制作ノート「ちんじゅの森の水鏡」より






| インフォメーション | 11:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
世界の静かな中心であれ
    


2016年の正月元旦より、ヒルトン東京地下1階にて開催してきました『吐くは千年、吸うは一日』展は2017年正月元旦をもって無事終了することができました。この間、唐の詩人・李賀を主題とした絵や駄文を発表してきました。

が、李賀は遠く、中国という大国が辿って来た足跡はあまりにも複雑で、かつ難解であり、隣国だというのになんだかやっぱり味気なく、わたしの “旅” はすでに頓挫しかかっている。2017年も、不可視の刺客と呼ばれたこの男を追い求め続けるか・・・ それとも、手放すか・・・

かろうじて血肉になった李賀の骸を斜めにかぶって、どこか古い森の中にあるという鏡の如く湖を眺めてみたい。

ジャメ・ヴュ(未視感)!
 
書き割りのような見慣れた風景をいま過ぎて、惑いながらもゆらゆらと、静かな古鏡に点在しているであろう斑な中心へむかって浮き泳ぐ。



2017_01_11 制作ノート「ちんじゅの森の水鏡」より









| インフォメーション | 12:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2017 謹賀新年
>

新年明けましておめでとうございます

2016年正月元旦よりヒルトン東京地下1階で開催しました『吐くは千年、吸うは一日』展は、2017年正月元旦の本日に無事搬出致しました。365日間の展示を支えて下さった大勢の方々に感謝いたします。ありがとうございました。


2017年1月1日からは「週刊新潮」でおなじみの、谷内六郎さんの絵にバトンタッチしました。機会ありましたら見てあげて下さい。










| インフォメーション | 21:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
李賀『蘇小小歌』& 雪酸漿


部屋に飾っていたミラーボールは、只今ヒルトン亭に於ける「ジングルのベルのクリスマスのイヴの夜」に出張中です。


ーーーーーーーーー
佐藤三千彦『吐くは千年、吸うは一日』展
十二月のテーマは
    春夏秋冬「ジングルのベルのクリスマスのイヴの夜」です
    2016年12月1日(木)〜12月31日(土)迄

東京都新宿区西新宿6-6-2 ヒルトン東京B1Fヒルトピア
http://www.hiltopia.com/news/?start=0
ーーーーーーーーー
*この企画は春夏秋冬365日間に及んだ展示会です。









| インフォメーション | 10:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
12月の『吐くは千年、吸うは一日』展


出稼ぎに行っていたいっと上のお姉様がヒルトン楼から帰ってきました。

お正月は一緒です。



        *11月展「赤葡萄は白葡萄酒となって流るゝ水葬花」より




ーーーーーーーーー
佐藤三千彦『吐くは千年、吸うは一日』展
十二月のテーマは
    春夏秋冬「ジングルのベルのクリスマスのイヴの夜」です
    2016年12月1日(木)〜12月31日(土)迄

東京都新宿区西新宿6-6-2 ヒルトン東京B1Fヒルトピア
http://www.hiltopia.com/news/?start=0
ーーーーーーーーー  





 
| インフォメーション | 08:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アルゼンチンタンゴダンス



大矢英一郎先生主催の発表会のチラシ&ポスターを制作させていただきました。

生徒さんの発表会をはじめ、プロデモでは英一郎&真紀子先生はじめ、高志&めぐみ先生や中澤源太先生など他、大勢の先生方が参加されます。

人生いろんなことを過ごして来てこそ、お互いの来し方をそのステップで感じ合うTANGO! ダンスに興味のある方にもない方にも是非見ていただきたいイベントです。 

---------
2016年12月17日(土)
東京芸術センター天空劇場

お問い合わせ;Eiichiro
mireitango@nifty.com
Tel 080-5009-4054
---------






| インフォメーション | 16:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/116PAGES | >>