CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
オレステス/父らの帰還



 オレステス/父らの帰還

となりの国へ 戦にでかけた父の不在に
母は父とちがう 木偶ノ坊と過ごしてた
ぼくのお腹は いつも空いていたけれど
しかたなしにどこまでも 走りつづけた

もう城へはぜったいに帰らない 帰れない
だからこうして空をながめ 海をながめて
光る夢をたべながら いろんなこと考える
たけきものになるのだと 走りつづけた

海のみえる 丘の地べたへ座りこんで
アイスキュロスの『アガメムノン』を読む
神話は蜘蛛の巣にからめとられたような
ミュケーナイの恐ろしや 悲劇であった

吠えたてて ぼくは逢魔を走るであろう
すると父の船が遠い水平線へあらわれて
母に殺されるがため 父はその頬をそめ
光る海をおごそかに 走りつづけてた





・・・・・・・・僕のイリアス・オデュッセイア詩画 2019





| ないない王のオデュッセウス | 12:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
みちのくの初桜、啓翁桜


暮れにいただいた啓翁桜、姫桜のように華奢な花を咲かせますが、葉桜としてぐんぐん育っています。その生命力にあやかって、旅の駄賃にそっと箱のなかへ入れてあげたり、今日も琥珀のそばにへ置いてあげました。




| 日々是好日 | 09:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ユリシーズの涙


見捨てられて・・・シラミだらけになって横たわっていたアルゴスは、ユリシーズが近くにいるのに気がつくと、尾を振り、両の耳を垂れたが、もう自分の主人に近づくだけの力はなかった。
   ロジェ・グルニエ「ユリシーズの涙」より みすず書房


グニエルのユリシス、この箇所だけで買った本でした。いまもずっと、これからもずっと通底していくことでしょう。






| ないない王のオデュッセウス | 10:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
王女カッサンドラ




  王女カッサンドラ

よく食べて よく歩いた
わたしの小犬 ちかづいてきて
こごえでうたう 異国のことば

海のうた 空のうた
どこまでも 澄みきって 
預言者のような 目のない小犬

イリオスの夜の雨にたたずみ
気狂いてゆく 王女カッサンドラ
ポイボスアポロン ポポイポン

口を真一文字につむんだまんま 
わたしはとっくに 死んでいて
わたしはとっくに 生きている

 (アポロン憎しや
    わたしを滅ぼす)

カッサンドラと 裸足の小犬
神話のなかでは 死んでいて
きたるべき街で 生きてゆく

風のうた 花のうた
どこまでも 澄みきって 
うた 歌え 王女と小犬



みなさんに愛された琥珀は、今年になってから肺水腫のため酸素ハウスでいっとき苦しみましたが、それも解放され、いま静かに眠っています。1月26日の朝わたしに抱っこされたまま、おしっことうんちをしたあと、おおきなノビの深呼吸をして永眠しました。立春がやってくれば16歳の誕生日でしたが、全盲というハンディーでよくがんばってくれました。“王女と小犬”の詩とともに、お知らせさせていただきます。ありがとうございました。佐藤

















| ないない王のオデュッセウス | 22:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Dr.贋シュリーマン氏のトロイア黄金発掘散歩Vol:006


Dr.贋シュリーマン氏のトロイア黄金発掘散歩Vol:006

玉飾りやヘヤーピンや、ネックレスやダイヤや、古代のこはく金や、銀のさかずきや、コップのうつくしさに目をうばわれた。黄金ざいくの小物にたわむれる光は、トロイアの金ざいく師がまるできのうみがきあげたばかりの・・・ハインリヒは、精巧なさいくの金の髪飾りをとって、ソフィーのひたいにそれを飾った。その指がふるえた。

「風あらきトロイア『シュリーマン』世界の伝記」一部変更





| 贋トロイア黄金発掘散歩 | 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Dr.贋シュリーマン氏のトロイア黄金発掘散歩Vol:005


Dr.贋シュリーマン氏のトロイア黄金発掘散歩Vol:005

城門からやや北西寄り、古い家のすぐわきで、たいへんおもしろい形をした大きな銅製品を発見した。そのうしろで金が光っているような気がしたせいで、私はなおのことそれにすぐ注意を惹きつけられた。・・・ハインリッヒ・シュリーマン自伝『古代への情熱』1822年ー1866年

その時「非情に面白い形をした大きな銅製品が目に入り、そして一層の注意を引き付けられたのは、背後に黄金が見えたように思ったからだ。」・・・『トロイアの秘宝』その運命とシュリーマンの生涯

人夫のひとりのシャベルが、きみょうな形の銅の容器のへりにあたった。その容器のうしろで、なにかが朝の太陽にきらきらひかった。かれは、それに気づいた。・・・風あらきトロイア『シュリーマン』世界の伝記





| 贋トロイア黄金発掘散歩 | 10:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Dr.贋シュリーマン氏のトロイア黄金発掘散歩Vol:004


Dr.贋シュリーマン氏のトロイア黄金発掘散歩Vol:004

父は答えた。「これは想像で描いた絵にすぎないんだよ」しかし、昔のトロイアに、あの絵にあるような堅固な城壁がほんとうにあったのかと私が尋ねると、父はそうだと答えた。そこで私は言ったものだ。「お父さん、そんな壁がほんとうにあったのなら、それがすっかりなくなってしまうはずはないよ。・・・」

ハインリッヒ・シュリーマン自伝『古代への情熱』1822年ー1866年





| 贋トロイア黄金発掘散歩 | 09:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Dr.贋シュリーマン氏のトロイア黄金発掘散歩Vol:003


Dr.贋シュリーマン氏のトロイア黄金発掘散歩Vol:003

クリスマスに、当時もう八歳になろうとしていた少年の私は、父からゲオルク・ルードヴィッヒ・イェラー著の『子どものための世界史』をプレゼントにもらい、その本の挿絵で、炎上するトロイアの都、その巨大な城壁、スカイア門を見たとき・・・私はすっかりうれしくなって叫んだ。

ハインリッヒ・シュリーマン自伝『古代への情熱』1822年ー1866年





| 贋トロイア黄金発掘散歩 | 10:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Dr.贋シュリーマン氏のトロイア黄金発掘散歩Vol:002


Dr.贋シュリーマン氏のトロイア黄金発掘散歩Vol:002

あまり思い悩むのはやめてくれ。わたしの寿命が尽きぬ限り、わたしを冥府に落とすことは誰にもできぬのだ。人間というものは、一たび生まれて来たからには、身分の上下を問わず、定まった運命を逃れることはできぬ。

ヘクトルからアンドロマケへの言葉・・・・
ホメロス『イリアス』第六書(486以下)





| 贋トロイア黄金発掘散歩 | 16:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Dr.贋シュリーマン氏のトロイア黄金発掘散歩Vol:001


Dr.贋シュリーマン氏のトロイア黄金発掘散歩Vol:001

さてヘクトールは、スカイア門の内側に、ひとつ蹄の馬を引き留め、もう一度、乱戦の間に打って出て、戦ったものか、それとも兵どもに呼びかけて、城壁の中へ避けさせようか、と思いあぐんだ。

ホメロス『イリアス』第十六書(713以下)





| 贋トロイア黄金発掘散歩 | 11:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/122PAGES | >>